2008年09月20日

新御徒町から佐竹商店街と1LDK

新御徒町と言えば以前こんなレポートもあった街で、
http://retour.seesaa.net/article/30471282.html
何が凄いって、新御徒町から徒歩7分で日比谷線仲御徒町、8分でJR山手線御徒町、10分で銀座線上野広小路と(新御徒町駅からの徒歩とあわせれば結構な距離の駅もありますが)便利な地域です。

御徒町=アメ横の印象も強いかと思いますが、4号昭和通りを東に渡ると完全に別の文明圏になるんです。
sinnokatino01.jpg
御徒町の喧騒から離れると、レトロな建築も目立つ静かな街になります。

春日通りは交通量も穏やかで、「幅員22m道路かな?」スケールの幹線道路で斜め横断が多いのは東京では珍しいところ。
(地元住民のみなさんには”アリアリ”のようなんですがくれぐれもご注意くださいっ)
sinnokatino02.jpg
そして間もなく新御徒町駅です、
この駅のA2出口となりが佐竹商店街なのですっ

アメ横と違って、地元の方以外は知名度の無い商店街かもなんですが驚いちゃいけませんよ、この商店街は観光名所ほどの歴史的商店街なのですっ
sinnokatino07.jpg
”日本で二番目に古い商店街”
明治31年からの商店街だったのです。
http://www.satakeshotengai.com/

この商店街が又味わい深いというかともかくご覧ください。
sinnokatino02-1.jpg
かなり緩めの商店街で、このスローなところがこの地域の平和さってものを象徴しているかのようです。
sinnokatino03.jpg

sinnokatino04.jpg
「ファミリースナック ロッキー」

sinnokatino05.jpg
こーんなお店や

sinnokatino06.jpg
名店や

sinnokatino08.jpg
こちらは喫茶店

sinnokatino09.jpg
平和なcafeの絵、
営業時間は「7時半〜午後7時」これが佐竹商店街です。
実は取材中にもシャッターの降りていくお店がちらほらあるんですが、
「あ、あれ、みなさんまだ6時半ですよー」
それでいいんです、そこが佐竹商店街のいいところでもあるんです。

sinnokatino10.jpg
こちらは「セルフサービスのお店です」な総菜屋さんなんですが、
どうセルフサービスなのか私にはわかりませんでした(笑
いいじゃないですか「ゆっくりいきましょう」そんな世界がここにはあります。

春日通りの裏側は閑静な住宅街で、このちょっと暗めで道が広めな雰囲気は東京東部特有の街並みで、決して夜道が危険な感じは無いんです(むしろ皆無なぐらい平和)。
sinnokatino11.jpg

さて、今回紹介する物件はもう少し春日通りを隅田川方向に歩いたところで
sinnokatino12.jpg
ここから数ブロック先に、

こんなお部屋が
sinnokatino00-m.jpg
「収納し過ぎ」
非常に珍しい間取で、表示は1LDKなんですがキッチンは独立していますから2Kなのじゃとも思いますが、玄関寄りのお部屋は玄関と連続しているのでLDKとなるんだと思います。

物件概要です
大江戸線新御徒町3分、大江戸線蔵前3分、銀座線田原町6分、台東区三筋2、鉄造5階建ての5階、築昭和49、45u1LDK、
フローリング、CATV、ガスコンロ設置可、三面採光、24時間スーパー1分
賃料12万5千円、礼敷2/2

個性的な間取だけでなく、築昭和49というところがなんとも魅力的居室(寝室)側にはベランダが無いので、温度変化も少なく合理的な設計ですね。
この年式で鉄骨造の最上階ですから、その意味で夏冬温度変化が高い可能性もありますが探してもここにしかない世界はあるでしょうね。

外観も正にレトロ
sinnokatino13.jpg
一見昭和の事業ビルを思わせる意匠で、
プライヴァシーに差し支えない範囲で、一部のみレトロの証明の絵を紹介しますと
sinnokatino14.jpg
この雰囲気は新橋銀座を含む東京東部の歴史ある街特有のものです。

物件概要にある24時間スーパーはこちら
sinnokatino15.jpg
ここのお迎えは保育園で、平和そのもの。
同じブロックには何故か中国雑技団の事務所もあって、人間技を超越した運動神経の方と偶然すれ違う事もあるかも知れませんっ

歴史の証明もあります
sinnokatino16.jpg

何度来ても印象深い新御徒町なんですが、今回は又特別ですね。
近隣北部の田原町方向は浅草的繁華街としての喧騒もあるので、「そこまで濃いと」な東京東部ビギナーな方にはこの新御徒町界隈はお勧めです。
いろんな発見があると思いますよ、

と、JR御徒町まで歩いて帰投です。
sinnokatino17.jpg
この駅も又個性的なんですよね、
こちらは完全なアメ横テイスト(神田方面とも親和性のある雰囲気)。

東京西部に飽きたら是非台東区や銀座方面散歩してみてください沢山発見がありますよ。
新御徒町は東京東側のアクセスは言うまでも無くですが、
日比谷線と銀座線ありますから”恵比寿六本木渋谷方面”へのアクセスは強いですし、新宿も大江戸線一発ですから勤務地西側でも利便性で困る事はありません、
近隣の湯島方面は相場も高く、繁華街近隣だったりなので部屋探し的にも新御徒町は決して空室の多い地域じゃありませんが有力な選択肢ですよ。
posted by iwahara at 01:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
取材中に偶然でした。新御徒町在住の某です。
1年ほど暮らしましたが、いい場所ですよー。佐竹商店街もそうですし、記載の24時間スーパーは買い物の定番。
追加するとすれば、浅草通り側もよいです。合羽橋まで含めて買い物や食事、何もかも便利。
自転車があれば、都内山手線沿線は全部圏内ですし。銀座あたりが買い物の主戦場。

ちなみに中国雑伎団事務所前では明るいうちに行けば、ほぼ毎日驚異的な練習風景が見られます。
Posted by AGFA at 2008年09月20日 10:00
先日、初めて両国の安田庭園へ行きましたがお目当ての公会堂(戦前より存在)は正面玄関が封鎖されており見れず終い
時間は16時過ぎでシーバスは桜橋方面のみ、仕方なく厩橋を渡った所にエポック社が!!!
更に進み左折すれば趣のあるタイガービル(1Fのペルシャ絨毯店の雰囲気が60年代風)
9年ぶりにおかず横丁のアジフライを買い多慶屋(00年春当時に比べ店舗数を拡大したせいか辺りは多慶屋村状態)で買い物し帰宅しました
佐竹商店街も久方ぶりに通りましたが浅草のひさご通り商店街と雰囲気似てますね、いい意味であっさり。
Posted by テオレマ at 2008年09月20日 22:11
どうもですAGFAさん
というかどうもでした。まさか私もばったりお会いするとは思いませんでした(笑
>ほぼ毎日驚異的な練習風景が見られます
これは特ダネですねー
リアルな情報有難う御座いますっ

テオレマさんほんと知らないところが無いんですね(笑
東京都”生き字引き”並っスね、
>辺りは多慶屋村状態
ええ、これは私も以前ぐるーっと見て回った事があって驚きました、というか笑いますよね。
僕は密かにこの地域と、再開発を余儀なくされている旧秋葉原文明が民族移動して連続する事を期待しているんです。
Posted by iwahara at 2008年09月20日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0