2006年01月11日

年始特集第二弾『グランハイツ代々木』その(2)です

さーて室内です。

何せ内覧会が、「何組か同時方式」でしたので、室内前景画像が少ない部分はご容赦ください。
それぞれのお部屋のキーパーツはばっちり撮影しておりますよ〜
では内覧会の順番どおりに見ていきましょう。

エントランスがまだ未完成なため、内覧は裏非常口から2階の一部のみの内覧となりました。
まずルーフバルコニーが特徴のLタイプのお部屋です。

目玉のひとつルーフバルコニーです
G_yoyogi00.png
(内容については、K2タイプ紹介で)

寝室部分とキッチン

G_yoyogi01_L.png G_yoyogi02_L.png


方位は北東(ほとんど北なので北北東ぐらい)ですが、十分な明るさがあります。キッチンのカラーヴァリエーションはブルーです

こちらがキッチン
G_yoyogi03_L.png
カラーコーディネートは、キッチンと洗面で行われていて、ブルー・ホワイトの二色があります。Lタイプは床材ホワイト・水周りブルー

洗面とバスルーム

G_yoyogi05_L.png G_yoyogi04_L.png


ともにデザイナーズなんかでも使われる仕様の部材で、特にバスルームの出来が秀逸。洗面も通常タイプより広いものが使われていますから独立した部屋って雰囲気すらあります。

再びリビング
G_yoyogi18_L.png
窓の開口面積がとても広いですから、とても開放感があります。


そしてI'へ
G_yoyogi07_I.png
「オープン系の1L」イメージわかっていただけるでしょうか?
床がシームレスですよね、
通常ですと廊下をはさんだ完全振り分け構造が高級とされますが、グランハイツは設計思想が違います。
「プライヴェイトな空間」
二人入居でも「二人のプライヴァシー」ですから、あまりに振り分け(戸建風)に拘るとマンション特有の居住性や効率性が落ちてきます。
実際retourでは二人入居の場合、1LDKを勧める事が多いんです。
この設計はそんな「二人の1L」って発想ですね

カラーコーディネートは、ブラウンとホワイト

G_yoyogi06_I.png G_yoyogi08_I.png


方位はこちら側が南になるんですが、近隣の環境が代々木では有名な「東高ペアシティーの隣り」になるので、この階層ですと居室の位置関係で「日差しで眩しい」ほどではありません。
雰囲気は落ち着いた感じになります。

バルコニーは通常タイプでも「ほとんどルーフ」
G_yoyogi09_I.png
このバルコニーの深さでわかると思いますが、室内に直射日光を入れてしまうのではなく(紫外線で室内バリバリになりますから)、日射角度を制御しているのがわかります。
又、この深さが「視線の見出し距離」につながるので、体感上の「リビング広さ」に繋がっています。

G_yoyogi10_I.png G_yoyogi11_I.png



兄弟タイプになるJへ
コーディネートはホワイトとホワイト

G_yoyogi12_J.png G_yoyogi13_J.png


雰囲気は明るく、I'よりカジュアルな感じです

最後にK2
水周りの設計が変ります
G_yoyogi14_K2.png
部屋を最大限に広くするために、コンパクトにまとめる事が意識されていて、設計思想は現代的なコンセプトに忠実ですね

ルーフバルコニーは綺麗に整備されています
G_yoyogi15_K2.png
洗濯物を干すって用途だと、ちょっともったいないところで、一般に現代のマンションはベランダバルコニーに洗濯物を干すって暮らし方を奨励していません(最新のものには浴室乾燥機能が実装され、デザイナーズなんかで洗濯乾燥機が設備として設置されるのはそのためです)。紫外線の消毒が必要な場合、やわらかな日差しで十分で(これ室外の紫外線対策と同じです)、「直射日光に当てなきゃならない」のでは無いですし、「布団をバシバシ叩くのは間違い」なんかに通じるものがあるような気がします。

外観

G_yoyogi17.png G_yoyogi16.png


正面と背面です、
造りの良さがわかりますね。
このタイプが全部の街にオールマイティーではありません。低層の似合う街もあります(マンションが街から浮くってよくありますよね)が、この代々木の界隈ですと、都庁のあたりから初台まで高層化地域で、街の雰囲気にも良く馴染んでいますよ。
近隣には遊歩道もありますから(あのアート系村田マンションも近隣です)環境も素晴らしいです。

そんな『グランハイツ代々木』、
「内見や申込の流れはどうなっているの」につていは次回まとめてお送りします。

つづく
posted by iwahara at 19:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
はじめまして。過去記事のアメリカン住宅につられてやって来ました。私のブログで貴殿のブログ記事を紹介させて頂きました。
Posted by アメリカの不動産業 at 2006年01月11日 21:32
どうもです、
トラバ返しておきましたですよ〜
Posted by iwahara at 2006年01月11日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック

不動産ブログ発見
Excerpt: 東京のアメリカン一戸建てが紹介されています。いったいいくらぐらいするのでしょうか。それにしても素敵な家です。 柿の木坂から『超高級アメリカン一戸建て』を紹介します(1)
Weblog:    アメリカの不動産業
Tracked: 2006-01-11 21:30



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0