2011年01月27日

墨田区向島に古築ギャラリーcafeがオープンします

向島と言えばスカイツリーですっかり有名どころとなった押上から曳舟方向の街です(街の動線的にも押上から錦糸町の流れは無くて商業圏も曳舟の方が強い)。
スカイツリー人気ですっかり有名になりましたが、実はこの地域なかなか交通の利便性が高い場所なのです。
押上は半蔵門(そのまま東武線)と都営浅草線、徒歩圏で商圏を形成する曳舟は浅草乗り換えで銀座線に接続しますし、押上から半蔵門で錦糸町も一駅ですからJR総武線への乗り換えも簡単。東京〜銀座新橋を中心とする東京東側への通勤利便性が高い上に相場も決して高くなく、商店街もありますからスカイツリーの人気で分譲マンションや中古物件が完売状態なのも納得です。
住宅需要の高まりから古い商店街の再生もひとつのテーマとなっているなか今回古築cafeがオープンする事になりました。
『ギャラリーcafe iKKA』1月27日OPEN
http://ameblo.jp/cafe-ikka/
東京都墨田区向島3-6-6
TEL:03-5637-8773
地下鉄半蔵門線押上駅A3出口を左ファミリーマートの角を左(桜橋通りを北)徒歩10分
和茶・中国茶などお茶をベースに女性向けエステ・マッサージルームを併設するリラクゼーションをテーマのひとつとするアートギャラリーcafe(東武線曳舟からも徒歩10分)。
iKKA19.jpg
こちらはオープン直前の改装最終段階の絵です
出店までの活動ブログはこちら
*cafekatsu☆カフェカツ*
http://ameblo.jp/cafekatsu/

retourで度々登場しているDIYリノベ系の古築戸建店舗です。
iKKA00_m.jpg
住宅付き店舗がベースとなってます、築1958(昭和33)年木造一戸建店舗となります。
今回の出店前の店舗利用状況は二階住宅部分の利用は無く、倉庫状態であったとの事なのですが、昨今のcafe事情と申しましょうか店舗再生においては『古築住居部分も見所のひとつ』です。

■ビフォアアンドアフター的に改装の流れを追ってみましょう。
直前の店舗は重飲食店舗であったとのことで、
iKKA01.jpg
このような感じ、
メインの客席は座敷だったのか各テーブルとおぼしき位置にはガス栓が出ているものでした。天井も歴史の中で二重になっていて(前の店舗で古い天井を撤去せずに追加の形で新しい天井が造作されていた)、そのままでは若干格安郊外チェーン店店舗風の雰囲気。

ほとんど使用されず倉庫状態だった二階を見て驚き
というかまず階段からして昭和テイストです、
iKKA04.jpg

住居部分和室の造作も素晴らしく
iKKA02.jpg

iKKA03.jpg
(一間は和室からフローリング化しています)

特筆すべきは『洋間』
iKKA05.jpg

iKKA06.jpg
この時代の建築に時折みられる”当時の日本人が思い描いた洋間”という造作がほぼオリジナルで残っていたと。

iKKA08.jpg
古材の状態も決して悪くなく改装が楽しみです。

今回も改装監修(一部施工)はDADAcafeでお馴染みのデザイン事務所RELIGARE
改装にあたって、RELIGAREの田村さんが「これは天井抜きだ」と発見したのが1階店舗部分のココ。
iKKA07.jpg
この店舗を考える場合二階の趣味性に比べて若干一階店舗部分のベースが弱いところあったのですが、前のテナントさんがエアコンを撤去していった大穴が天井に空いておりまして、そこから見事な梁が見えていたと。

そんなこんなでオープニングパーティーで改装後の様子撮ってきました。
当日押上駅からは『月に吠える』的な見事な月が出ておりまして、
iKKA09.jpg
期待も高まるところです。


RELIGAREの田村さんの見立てはズバリあたって、若干心配だった一階店舗改装も古築木造の梁と白壁のスッキリした造作で見違える内容になっとります。
iKKA18.jpg

iKKA17.jpg

オーナーは現在のところ「二階住居スペースはアートギャラリー」として運用を予定しているとの話でしたが、部屋そのものが古築和室の造作そのままにとてもいい雰囲気で、十分店舗客席としても活用できるでしょう。
iKKA11.jpg

iKKA12.jpg

iKKA13.jpg
大胆な設計の欄間がカッコいいんですよね、

今回のcafeはリラクゼーションもテーマのひとつで、マッサージ・エステルームを併設するんですが”あの洋間”がこのスペースのお部屋となっております。
iKKA14.jpg

他細部もなかなか入念にブラッシュアップされており
iKKA15.jpg

iKKA16.jpg
ほぼ契約から一ヵ月でここまでもってきた勢いには敬服します。
(キモとなる改装部分には往年の職人シニアグループも活躍しており、気合の入った仕事を感じさせてくれます)

今回撮影はオープニングパーティーということもあって客席部分全景はありませんでしたが、全体通してcafeのイメージをお伝えするとしたらこの絵でしょうか、
iKKA10.jpg
階段部分の絵です。

これからいよいよスカイツリーも完成となって、押上や曳舟訪れる方も多いと思います。駅から桜橋通り一本で徒歩10分(曳舟方向からだと水戸街道一本で浅草方向に10分)、
女性の造ったDIY系古築cafeがOPENです。
管理会社さんの話にも墨田区向島周辺には同様の古築系cafeや和cafeのような店舗がポツリポツリと増えているとのことで、墨田区向島の今後も楽しみです。
posted by iwahara at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0