2011年05月02日

高円寺街紹介と1R

なんとなくこの界隈も紹介増えているかな(笑、と思いますが、
いえいえ取材が楽だからだけではありませんよ。中央線文明の中出色の街であった高円寺ですが一時似つかわしく無い店舗も増えて「らくしない時代」があったり、「似つかわしく無く人気で賃料が高騰」したり微妙な変遷がありましたが昨今の不景気もあって本来の姿(文芸・パンク系)に戻ってきたように思います。
(吉祥寺が堕落の方向に突っ走るなか高円寺の価値が相対的に上昇している側面もあります)
となればこれは紹介しなければと街の紹介です、
kouenjino1R01.jpg
今回は駅南側となります。
(ちなみに北側は中野テイストな商店街が網の目となってます)
kouenjino1R02.jpg
駅周辺もちょっと小奇麗になってますが、変わらないものは変わりません。

kouenjino1R03.jpg

この辺からずーっと丸の内線新高円寺駅まで商店街が続くのです。
kouenjino1R07.jpg

kouenjino1R04.jpg

途中には業務用スーパーがあったり、
kouenjino1R05.jpg

ちょっとオフなところには西友もあります。
kouenjino1R06.jpg

商店街には歴史的銅板建築の商店も残っており
kouenjino1R08.jpg

街の構成は「古本屋」「古着屋」「オリジナルアパレルショップ」「様々な雑貨屋」「安食堂」がメインで(昔は+「中古レコード屋」)、
kouenjino1R09.jpg

所謂『中央線サブカル系の中で更にサブカル系の街』なのです。
昭和の高円寺は文字通り”男街”であり(風俗街も有名で商店街の中に普通に風俗店が混在していたりするカオスな街)、ライブハウスがあるのかバンド関係且つ貧乏な音楽系の住居者も多く、街歩けばわかります。人々の服装明らかに普通と違います(笑
ハード系の女性はともかく昔は男性中心の街でもありました。
一時の風評人気で(相場高騰時代)事情を知らない女性の入居希望が増えた時代を経て現在に至りますが、『吉祥寺の東急文明化』が進む昨今、中央線的な世界を求めるなら男女ともに高円寺かなとも思いますね。

さてそろそろお部屋の紹介といきましょう。
商店街をこの辺まで進み、
kouenjino1R10.jpg

有名店と思われる喫茶交差点を曲がり
kouenjino1R11.jpg

ちょっといったところ、
kouenjino1R12.jpg
(ほんとにどこまでも雑貨屋さんがあります:上図はアクセサリーショップでしょうか)

商店街は南北方向だけでなく、緩く西側にも伸びており
kouenjino1R13.jpg
(途切れ途切れになって南阿佐ヶ谷の商店街方向に伸びる)


そこで空室なのがこちらのお部屋、
kouenjino1R00_m.jpg

何の変哲も無い1Rに見えますが、通常このタイプは20u以下の木造アパートによくある間取りで(投資向け分譲タイプの1Rとも微妙に違います)、同じスケールで鉄骨造マンションとして23.7uとなりますと、かなりズドーンと広い形になります。
括弧書きに記載あるように、投資向け分譲タイプの1Rであればユニットバスに90度などにユニットキッチンとなるケースが多い中、このマンションはズドーン系かつ2口ガスコンロ可となっていて、地味なようでなかなか実のある間取りではなかろうかと思います。

物件概要
JR高円寺9分、丸の内線新高円寺4分、杉並区高円寺南3、築S63重量鉄骨造3階建ての1階と3階に募集アリ、23.7u1R、ガスコンロ2口可、Bフレッツ対応、駐輪可、保証会社利用要(賃料・管理費合計30%)、
1階:賃料7万2千円、礼敷1/1、
3階:賃料7万8千円、礼敷1/1、

※3階との比較で1階賃料がかなり安めなのは主に外への見出し(眺望)の差異に思います。1階テラスの塀はかなり高く(防犯上は安心ですが)採光ボード含めて1階の見出しがいいとは言えない(自分でテラスにグリーンを置けばいんですが)部分があるためと推定します。
kouenjino1R14.jpg

どちらにしても、数年前の高円寺相場であれば間違いなく8万クラスの内容ですから随分リーズナブルになってます。
ある意味オーソドックスな間取りですから万人向きとしてお勧め、

(立地的にも暮らしの内容も地下鉄高円寺駅の南、つまり青梅街道の南に出てしまうのと、北側のJR高円寺駅よりの区画とでは大きく印象も違います。以前はかなり相場にも差異があったように記憶しています。今回はJR高円寺も10分以内の立地ですからかなり有力な内容には違い無いかと、)


今回は物件そのものがユニークというより高円寺特集的レポートですので、街歩きに戻りましょう。
kouenjino1R15.jpg

この先には三平ストアー
kouenjino1R16.jpg

間もなく丸の内線新高円寺駅です
kouenjino1R17.jpg

新高円寺駅周辺は最近別レポートもありましたから、ここまでくれば十分でしょう。
いかがでしたでしょうか、
絵を見てもらえれば、いかにもパンクの街高円寺のイメージ伝わっていたかと思います。
極端な話街を歩く”高円寺な人”は若い人に限りません。
それだけ歴史ある街でパンクなジジイも歩いてます(笑
好き好きかなり別れる部分あると思いますが(ニュートラル系の方は迷わず阿佐ヶ谷か荻窪がお勧め)、面白い街ですよ高円寺。


posted by iwahara at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198855843
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



住まいの心理学(retour&kagewari)
retour&kagewari2.png
aoydesign
aoydesign.gif
不動産売買の在り方(retour&NAGAO)
nagao99.png
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

TrackBacks
日本最長1.6Kmの商店街、それが戸越銀座です。後編
 ⇒ 東京旅行ガイド (10/23)
黒川紀章作『中銀カプセルタワービル』5万7千円 U
 ⇒ blog.tokyoace4.com (05/02)
 ⇒ blog.tokyoace4.com (02/10)
 ⇒ 障害報告@webry (09/23)
手作りのcafeが桜台にオープンしました
 ⇒ 和のこころ  (12/17)
もののふ「天守」がOPENです
 ⇒ =正統派戦国ブランドのパイオニア=戦国武将と変わり兜のデザインブランド 【もののふ】、もののふの道を追求し、日本の武の美を世界に発信! (11/13)
「春日に古築一戸建てcafeが誕生です」(長期連載)
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』    編集長 不動産ブログ日記 (06/12)
用賀にレアな間取のアパートがありますよ
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 (03/25)
Comments
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
音羽の分譲キラー1LDK
 ⇒ iwahara (03/27)
 ⇒ テオレマ (03/27)
目黒からベテラン向けの1Rストゥディオ 現地レポート
 ⇒ iwahara (01/27)
 ⇒ テオレマ (01/26)
年末にかけての不動産(慣習的な)動向です
 ⇒ iwahara (12/04)
 ⇒ テオレマ (12/03)
 ⇒ iwahara (11/29)
 ⇒ テオレマ (11/27)
先日の牛込柳の続き的な神楽坂オーソドックスな1R
 ⇒ iwahara (11/29)
 ⇒ テオレマ (11/27)
上板橋住宅付き店舗戸建て「その後レポート」です
 ⇒ iwahara (09/26)
 ⇒ テオレマ (09/26)


RDF Site Summary
RSS 2.0