2017年06月03日

ベテラン向き市ヶ谷の1R事務所仕様

時々「ドーンと広い1Rを探している時の裏ワザ」として紹介している”ほぼ事務所仕様で何も無い1R”が今回のお部屋です。
勿論収納なども無かったりするので、賃貸上級者東京一人暮らしベテラン向きのお部屋ですが(唯一の弱点はその広さから光熱費がかかること)、独立事業主などの方にはいろんな意味で利便性も高いお部屋になりますから、検討に値する作戦ではないかと思っているところです。

今回は立地的にも最強ランクとなる市ヶ谷(しかも駅南側)から同タイプを紹介してみましょう。
滅多に無いレア度高いお部屋です、
市ヶ谷駅JR側からスタート
kuktidanv02.jpg

地下鉄の市ヶ谷駅出口は靖国通り東かなり先までありまして
kuktidanv03.jpg

この更に先の
kuktidanv04.jpg

地下鉄出口ありますから駅から実徒歩時間の計測はかなり幅があります
kuktidanv05.jpg
(いずれにしても駅近なので4、5分ぐらいの理解で間違いないかと)

市ヶ谷と言えば法曹界(事務所)にも人気の街ですが、
普通に魚屋さんとかもあり、
kuktidanv06.jpg
(後ろの方にお肉屋さんも登場します)

何気に大学施設も多いためかcafeもありますし
kuktidanv07.jpg

市ヶ谷レポートでいつも登場する食料品スーパー
kuktidanv08.jpg
などなど日常生活の利便性としても心配ありません

ちなみにですが近隣の郵便局が
kuktidanv09.jpg
”麹町”郵便局なのです、
「え、ここは麹町なの?」とお考えの方もいると思いますが(駅的には麹町駅はJR市ヶ谷遠い)、
市ヶ谷と言えばご存じ駅北側防衛省の俗称ともなっていますので、
地元的には駅南側の西が麹町・東は半蔵門という認識なのかな?
今回の物件は西側というより中間地点に近いのですが、エリア的には麹町界隈の理解が正しいのかもです。


事務所仕様ドーンとした1Rな間取りがこちら
kuktidanv01.jpg
そのまんまですね。
水回りのスペースがコンパクトにまとめられており、厳密に言えば1Kですよね。
この切り分けはっきりしていることにより居室の広さ感も高まっており(高級造作のキッチンであればストゥディオの方がカッコいいのは事実ですが相応の賃料コストになりますからね)、
入居者所有家財次第で高級にも事務所っぽくにもなるという内容です。
(洒落たオーディオでもあれば見違えるだろうと思われ)

【物件概要】
JR中央線市ヶ谷4分、地下鉄有楽町線・南北線・都営新宿線市ヶ谷(出口による4分前後)、千代田区九段南3、築1983年 14階建て地下1階の12階、37.66u1R、
オートロック、エアコン、フローリング、
事務所可(賃料に消費税、敷金+1ヵ月)
賃料10万5000円(管理5000)、礼敷1/1

想像以上にハイレベルな建築となっておりまして
kuktidanv10.jpg
底地の価格が高いからこそあり得る上物建築の水準というバランスを思い知らされますね。

kuktidanv11.jpg
なかなか都心近郊や郊外で探すのは難しい重厚さです

kuktidanv12.jpg
物件概要平米数を考えればダントツのハイCP、
説明のとおりで、クローゼットもありませんからワードローブ含めて自前調達しなければなりませんが、そこはそれインテリア含めて腕の見せ所と考えれば弱点とはなりません。
広さ的にも一度契約したら6年10年視野に暮らすお部屋になると思いますから、かえってこのシンプルな間取りのお部屋の方が使いやすいケースもあると思います。

さて近隣を考える場合、人間の心理で「目の前の靖国通りを渡るよりも同一区画」って部分あると思います。そこでぐるっと回る格好で番丁方向へ南下してみると
kuktidanv13.jpg
小さいお店ですがこちらにマイバスケットもあります。

ぐるっと回りこむと
kuktidanv14.jpg
(実は以前にレポートしたことあるペントハウス1Rの物件前からの画像なのですが)
靖国神社がもう見えますね。

反転しまして麹町駅方向(西)に進めば
飲食店であるとか
地域のお店なんかもありまして
kuktidanv15.jpg

この先の公園前には
kuktidanv16.jpg
お肉屋さんもあります
(夕食前の時間だったためか店内には行列ができており人気のお店のようでした)

こちらも毎度お馴染みの東郷公園
kuktidanv17.jpg

日テレ通りの向こうには成城石井
kuktidanv18.jpg

麹町駅はは日テレ通りの先となりますが
kuktidanv19.jpg
今回のお部屋は最寄り駅は市ヶ谷のケースが大半でしょうから、麹町駅までは向かわずに近隣環境を見回る意味で、四ツ谷駅方向まで歩いてみる事にしました。

kuktidanv20.jpg
建造物の水準が違っているというか、、
ガッチリ重厚な建築物が並んでいるので独特の雰囲気となってます。

四谷方面へぐるっと(JRの線路沿いな感じで)歩いていくと
kuktidanv21.jpg

ミッション系の女子高「雙葉中高等学校(wikiによると女子御三家のひとつ)」があります。
(地図的には小学校もあるんですね)
kuktidanv22.jpg
「スタートラインから別の人生がある」しみじみ思ったりするのであります(笑

ここまでくると四ツ谷駅はすぐ目の前
kuktidanv23.jpg

駅の混雑避ける意味もありますが、ちょっと見ない絵を取ろうと横道に出ると
kuktidanv24.jpg
JR線路沿いというより、歩いてきたルートは旧いお堀の史跡だからみたいな説明ありました。

更に四ツ谷駅の混雑を避け四谷三丁目方向まで出て終了としましょう。
kuktidanv25.jpg

違いのわかるベテラン向きのお部屋です。
そして底地の強さってもを(この辺日本最強でしょう)確かに感じられる取材となりました。



posted by iwahara at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



住まいの心理学(retour&kagewari)
retour&kagewari2.png
aoydesign
aoydesign.gif
不動産売買の在り方(retour&NAGAO)
nagao99.png
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

TrackBacks
日本最長1.6Kmの商店街、それが戸越銀座です。後編
 ⇒ 東京旅行ガイド (10/23)
黒川紀章作『中銀カプセルタワービル』5万7千円 U
 ⇒ blog.tokyoace4.com (05/02)
 ⇒ blog.tokyoace4.com (02/10)
 ⇒ 障害報告@webry (09/23)
手作りのcafeが桜台にオープンしました
 ⇒ 和のこころ  (12/17)
もののふ「天守」がOPENです
 ⇒ =正統派戦国ブランドのパイオニア=戦国武将と変わり兜のデザインブランド 【もののふ】、もののふの道を追求し、日本の武の美を世界に発信! (11/13)
「春日に古築一戸建てcafeが誕生です」(長期連載)
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』    編集長 不動産ブログ日記 (06/12)
用賀にレアな間取のアパートがありますよ
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 (03/25)
Comments
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
音羽の分譲キラー1LDK
 ⇒ iwahara (03/27)
 ⇒ テオレマ (03/27)
目黒からベテラン向けの1Rストゥディオ 現地レポート
 ⇒ iwahara (01/27)
 ⇒ テオレマ (01/26)
年末にかけての不動産(慣習的な)動向です
 ⇒ iwahara (12/04)
 ⇒ テオレマ (12/03)
 ⇒ iwahara (11/29)
 ⇒ テオレマ (11/27)


RDF Site Summary
RSS 2.0