2017年08月08日

三鷹「隠れ家的高級1K」

三鷹といっても駅北側の武蔵野市です。
過去レポートにもあるとおり、駅南の三鷹市商店街と、北側武蔵野市商店街はカルチャーがかなり違っており、別の街だと言い切っていいでしょう(てか市からして違うし)。
更に三鷹駅近隣の武蔵野市には固有の特徴があります。
大きな地権者である横河電気本位制とも言うべき地価及び開発の安定感、
駅近商工地域を中核としたタワー型マンション開発(大規模なもので都市計画込みの再開発に近いスケール)、北上し井の頭通りを渡ると鷺ノ宮?的な西武線界隈を思わせる地元商店街。
今回のお部屋はほぼその全てを網羅した内容となります。

いきなり「どこですかここは」からスタートです。
kirbunmitmu02.jpg

位置的には三鷹駅から吉祥寺側(東)ちょっと先なのですが、
このカーブを描く道路の先が駅前通りのタワーマンションに至る流れとなっており、
通り的にも「ここだけいいとこ化」が意図されているようです。
武蔵野市としても、民間大型開発となれば事実上歩道部分が拡幅したかのような状態になりますので、お互い様の関係にあり、双方の利益を合理的に追及するとこのような都市計画になるのだと思います。
さて、物件近道は三鷹駅駅前通りの”一本裏”でありまして、
(地図上は駅前通りのが近いようにも見えるのですが)
kirbunmitmu03.jpg
ロータリーから横断歩道の位置関係により「こっちを歩いてくださいよ」と言わんばかりの導線ができているのです。

kirbunmitmu04.jpg
今回の物件はタワーではありませんが、
御多分にもれず、高層開発可能地域は=用途指定商工地域となりますので、
街の開発的には(所謂少し郊外の完成な高級住宅街とはいきませんから)商工地・繁華街も織り込みつつながら明るく歩きやすい街並みを目指す事になります。

食料品スーパーなどもしっかり用意され
kirbunmitmu05.jpg
(夜なのでちょっと見えにくいですが)
閑静な戸建て高級住宅街とは別の趣の都市開発になります。
勿論、一本”表”の駅前通りにも面する事から幹線道路沿いとなり(高層建築は幹線道路沿いにしか建築許可が下りない)、タワー志向は生活上の文化も同時に選択する事を意味しますし、
都市計画上の繁華街の整備や(所謂浄化作戦的な)テナント誘致など大規模なものになります。

少なくとも三鷹駅北側武蔵野市のそれは成功しているように思いますね。
kirbunmitmu06.jpg

冒頭説明のとおりでこの大規模マンションの敷地が連結し
kirbunmitmu07.jpg
歩道もえらく拡幅し、(官民合同で)環境も美化された状態となり、
「歩きやすい通勤ルート」となるわけです。
(後半出てきますが、結果駅前通りは明らかに人通り少なくなっております。)

この先には横河電気の施設なんかもありまして更に環境がよく
kirbunmitmu08.jpg
歩いた感も無く、井の頭通りに出ます(5分歩いたかなぐらい)。

ここからは駅前通りに出て西武線的街並みの住宅街へ
kirbunmitmu09.jpg

のんきで実に雰囲気もよく
kirbunmitmu10.jpg
間もなく物件です

近所には小規模スーパーもあり利便性抜群、
kirbunmitmu11.jpg

現代的1K間取りはこちら
kirbunmitmu01.jpg
幅広で7帖以上確保の居室、合理的に配置された水回り、1Kのレイアウトにより実質玄関ホールを備えた造り。玄人好みの優れた設計ですね。
入居者属性を選らばないユニバーサルに合理的なお部屋であると思います。

【物件概要】
JR中央線三鷹8分、武蔵野市中町2、築2014年RC造7階建ての2階、25.14u1K、
オートロック、エアコン、フローリング、B・T別、システムキッチン(ガス2口)、室内洗濯機置場、宅配BOX、鍵交換代21600円、24時間サポート月額1500円、
保証会社契約要、
賃料9万円(管理6500)、礼敷1/1

契約条件も現代的な内容となっております。
リノベ系で30平米9万台を狙っている方には「広さがもうちょっと」の感想かも知れませんが、そこはそれ建築当初から設計された居室広め1Kの間取りですから、対抗馬となり得るでしょう。

立地条件が秀逸で、
ちょっと住宅街に入った静かなところにありまして。
「隠れ家的高級物件」なのです。
kirbunmitmu12.jpg
住居のプライバシー水準的にもここは重要に思います。
(プライバシー設備でもある)オートロックも相まって、自室に帰った時の安心感もかなり高いレベルにあると思われます。

先ほどの西武線的商店街は更に続いており(過去レポートにあるように駅からかなり遠くの武蔵野市役所方向に緩く切れ目無く続いている)、
kirbunmitmu13.jpg
物件の隠れ家っぽい雰囲気ともマッチしております。

さて、帰り道は駅前通りを真っ直ぐ、
井の頭通りを渡りますと、
kirbunmitmu14.jpg
歩行者は少な目で(その関係でお店も少ない)、バス通りの印象が強いのですが

kirbunmitmu15.jpg
ドーンと武蔵野警察もあり、ここも心理学なのか(駅前ロータリー誘導の影響を受けないため)三鷹駅に向かう時にはこちらのが近道に感じます。

kirbunmitmu16.jpg
都市計画的には「ちょっと拡幅やり過ぎかな」と思う部分もありつつの、

こちら側には東急ストア
kirbunmitmu17.jpg

今や三鷹駅は(こちらも成功事例の)駅ナカ再開発で駅にスーパーも備えているので、買い物に不自由する人は皆無でしょう。
駅前ルノアールでレポート終了です。
kirbunmitmu18.jpg

高級シングルライフ的にはリノベ系30平米越え9万台を狙うのも面白いですが、なんせ母数が限られております。今回のような隠れ家的現代間取りのRC造も幅に加えて探してみるのも合理的かも知れませんね(紹介のお部屋もレアですが)。ミニマルコンパクトライフもあるように「平米数で全部決まるワケでもありません」から。
kirbunmitmu19.jpg



posted by iwahara at 02:55 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)




住まいの心理学(retour&kagewari)
retour&kagewari2.png
aoydesign
aoydesign.gif
不動産売買の在り方(retour&NAGAO)
nagao99.png
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

TrackBacks
日本最長1.6Kmの商店街、それが戸越銀座です。後編
 ⇒ 東京旅行ガイド (10/23)
黒川紀章作『中銀カプセルタワービル』5万7千円 U
 ⇒ blog.tokyoace4.com (05/02)
 ⇒ blog.tokyoace4.com (02/10)
 ⇒ 障害報告@webry (09/23)
手作りのcafeが桜台にオープンしました
 ⇒ 和のこころ  (12/17)
もののふ「天守」がOPENです
 ⇒ =正統派戦国ブランドのパイオニア=戦国武将と変わり兜のデザインブランド 【もののふ】、もののふの道を追求し、日本の武の美を世界に発信! (11/13)
「春日に古築一戸建てcafeが誕生です」(長期連載)
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』    編集長 不動産ブログ日記 (06/12)
用賀にレアな間取のアパートがありますよ
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 (03/25)
Comments
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
音羽の分譲キラー1LDK
 ⇒ iwahara (03/27)
 ⇒ テオレマ (03/27)
目黒からベテラン向けの1Rストゥディオ 現地レポート
 ⇒ iwahara (01/27)
 ⇒ テオレマ (01/26)
年末にかけての不動産(慣習的な)動向です
 ⇒ iwahara (12/04)
 ⇒ テオレマ (12/03)
 ⇒ iwahara (11/29)
 ⇒ テオレマ (11/27)


RDF Site Summary
RSS 2.0