2017年10月16日

四谷三・曙橋の事務所タイプ大型1R

最寄りは都営の曙橋なのですが、過去レポートで繰り返し紹介のように丸ノ内線四谷三丁目と曙橋駅は徒歩10分以内であるため、今回レポートも四谷三丁目からスタートとします。
(レポート的に曙橋駅近過ぎのためでもあるんですけどね)

kurnghmtyy02.jpg

駅から少し東側へ進み
kurnghmtyy03.jpg

過去レポートでも紹介したことがある(昔は花柳界だった歴史のある)四谷三丁目飲食店街を北上します
kurnghmtyy04.jpg

ズバリ大人の飲食店街であり、同商店街のお祭りに遭遇したこともあるのですがとても地域密着で雰囲気もよく、所謂繁華街的な喧噪は”ありません”。静かな商店街なのです。
kurnghmtyy05.jpg

なにせ古くは江戸時代からの街ですから
一歩裏や辻には隠れ家的に庶民の和食料亭的雰囲気のお店が多数ありまして、
kurnghmtyy06.jpg

ひょっとすると再開発が進む神楽坂より昔のイメージが残ってている街なのかなと思います。
kurnghmtyy07.jpg

kurnghmtyy08.jpg

5分も歩くと外苑東との交差点
kurnghmtyy09.jpg

ここを渡ると曙橋の街に切り替わります
kurnghmtyy11.jpg

ちなみに市ヶ谷方面がこうで
kurnghmtyy10.jpg

四谷方面がこうと
kurnghmtyy12.jpg

交差点を渡ると、四谷三丁目的飲食店街は名目上途切れるのですが
kurnghmtyy13.jpg
いい感じに飲食店は曙橋まで続いているのです

曙橋駅にもう到着
kurnghmtyy14.jpg

向こう岸には駅最寄りのスーパー看板も見えますね
kurnghmtyy16.jpg


何せ物件は駅徒歩1分なので=到着です
さて、表題にあるとおりの大型1Rな間取りがこちら
kurnghmtyy01.jpg
所謂ストゥディオというよりも事務所タイプで構成は概ね大型1Kに近いものかなと思います。
(※事務所としての募集が並行されているのかなどは確認していません。住居としての募集資料に事務所利用可などの記載は無く、住居専用の理解で紹介進めます。)
ドドーンと広いだけでなく導線も長いため広さ感はかなり高い水準になるかと思います。家財のレイアウトが上手な方なら、訪問客の初見「50平米ですか?」と勘違いされる可能性もありますね。
B・T別など構成は決してベテラン向け限定ということも無く、使いやすい大型1Rの間取りです。

【物件概要】
都営新宿線曙橋1分、丸ノ内線四谷三丁目7分、新宿区住吉町、築1984年、SRC造13階建ての10階、42.35u1R、
エアコン、カーペット、TVモニター付きインターフォン、B・T別、電気キッチン1口、地デジ、管理人常駐、駐輪場、
原則保証人不要、保証料無料、推薦引越し会社有、
賃料口座引き落とし必須(手数料月540円)、
保障付帯サービス(単身月1180円、ファミリー1404円)
鍵交換代10,800円
賃料10万2000円(8000)、礼敷0/1

以前にも紹介したことのある、練られた内容の条件設定されているサブリース系管理会社さんのお部屋で、今回もダントツのハイCPであることは疑いようも無く、
kurnghmtyy15.jpg
カチッとしたSRC造マンションです。

近隣環境=曙橋駅周辺は
市ヶ谷方向
kurnghmtyy18.jpg

東新宿方向
kurnghmtyy17.jpg

今回は曙橋駅商店街には向かわず、
一本裏から四谷三へ西側ルートで戻る道のりを回ってみます。
kurnghmtyy19.jpg

ビンテージマンションなどもありつつの
kurnghmtyy20.jpg

江戸時代からある坂道には洒落た名前がつています
kurnghmtyy21.jpg

この辺から西側新宿方向を望むと、広大な神社仏閣地域でもあるため
kurnghmtyy22.jpg

高台から墓地をはさんで新宿都心を見下ろす感じの景色が続きます
まっすぐ南下すれば四谷三駅のちょっと西側へ
kurnghmtyy23.jpg
(画像向こう側に見えているのが四谷三丁目駅にある消防署のビルです)

毎度おなじみの丸正本店と
kurnghmtyy24.jpg

右向け右で御苑方向
kurnghmtyy25.jpg
(最近この辺の新宿通りは外国人観光客の方がすごく多いのですが、どうも観光客の方は四谷三の街が古くから伝統のある場所であることはご存じ無いようで、なんとももどかしい感じもするのでした。)
さて、今回のようなドーンと1Rなお部屋はデザイナーズであるとか思い切ったオーナーのリノベでも無い限りそうそう簡単に出てきませんので(なかなか狙って探せるタイプでは無い)、運よく契約できる方はとてもラッキーです。
間取り構成的には同平米数なら1L希望のが多いかも知れませんが、大型1Rも忘れず希望間取りに加えておいて損ありませんよ。
(てか40平米超えるお部屋の場合、間取り希望は無しで広さだけで探してみるのもひとつの方法かなと思います。)



posted by iwahara at 23:23 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)




住まいの心理学(retour&kagewari)
retour&kagewari2.png
aoydesign
aoydesign.gif
不動産売買の在り方(retour&NAGAO)
nagao99.png
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

TrackBacks
日本最長1.6Kmの商店街、それが戸越銀座です。後編
 ⇒ 東京旅行ガイド (10/23)
黒川紀章作『中銀カプセルタワービル』5万7千円 U
 ⇒ blog.tokyoace4.com (05/02)
 ⇒ blog.tokyoace4.com (02/10)
 ⇒ 障害報告@webry (09/23)
手作りのcafeが桜台にオープンしました
 ⇒ 和のこころ  (12/17)
もののふ「天守」がOPENです
 ⇒ =正統派戦国ブランドのパイオニア=戦国武将と変わり兜のデザインブランド 【もののふ】、もののふの道を追求し、日本の武の美を世界に発信! (11/13)
「春日に古築一戸建てcafeが誕生です」(長期連載)
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』    編集長 不動産ブログ日記 (06/12)
用賀にレアな間取のアパートがありますよ
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 (03/25)
Comments
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
音羽の分譲キラー1LDK
 ⇒ iwahara (03/27)
 ⇒ テオレマ (03/27)
目黒からベテラン向けの1Rストゥディオ 現地レポート
 ⇒ iwahara (01/27)
 ⇒ テオレマ (01/26)
年末にかけての不動産(慣習的な)動向です
 ⇒ iwahara (12/04)
 ⇒ テオレマ (12/03)
 ⇒ iwahara (11/29)
 ⇒ テオレマ (11/27)


RDF Site Summary
RSS 2.0