2018年01月13日

『阿佐ヶ谷住宅』を偲ばせるリノベ大型2LDK

東京建築のビンテージ『阿佐ヶ谷住宅』と言えば、
過去住まいの心理学において、取り壊し前にレポートがありますが
阿佐ヶ谷住宅をめぐる風景(前編)
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286421.html
阿佐ヶ谷住宅をめぐる風景(後編)
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/159286422.html



隣接しているということもあり「建築意匠に関しても何らかの影響あっただろうか」という近隣RC建築集合住宅が、本家公団『阿佐ヶ谷住宅』再開発では無く、建築温存型リファイニングとも言うべき外装・内装総合リノベーション住宅として募集されているのです。
『阿佐ヶ谷住宅』再開発を否定するものではありませんが、リファイニングは勿体ないの日本人の琴線にも触れると申しましょうか、好感もてます。

早速南阿佐ヶ谷へ取材いってきました
ご存じJR阿佐ヶ谷から南阿佐ヶ谷は10分ほどの距離なので、両駅が使える前提でレポート進めます。
いつもの絵ですが、
阿佐ヶ谷商店街を抜けた位置から
pakokdaan02.jpg
商店街を道なりに来て信号あるとことなればここなんですが、

振りかえると
pakokdaan03.jpg
やはりこの位置に出ちゃうと遠いかなと、
(確かに物件は南阿佐ヶ谷駅ちょい東側なのですが)

商店街真っ直ぐだとここなのですが
pakokdaan04.jpg
うーんやっぱり物件最寄りルート的には(JR阿佐ヶ谷駅から来る場合も)新中杉だろうと

pakokdaan05.jpg
南阿佐ヶ谷駅(新中杉のT字交差点)

この場合阿佐ヶ谷商店街(パールセンター)の利用法ですが、
帰り道ルートで紹介しますが、
パールセンター商店街は案外蛇行しておりまして、
中杉通りに近いところで行き来するのが使い勝手いいだろうと思います。
(商店街を青梅街道まで抜けちゃうのでなく、適宜新中杉へ戻る感じで)

さて、物件は南阿佐ヶ谷駅最寄りの郵便局の裏でありまして
閑静な住宅街となります
pakokdaan06.jpg

住宅街をちょっと進めば南阿佐ヶ谷から徒歩5で到着です
pakokdaan07.jpg
(歩いた感的には5分以内って近さ感でした)


賃貸としては珍しい70平米を超えるファミリータイプのお部屋はこちら
pakokdaan01.jpg
間取り的にはワイドタイプに属しますから、DEN付き1LDKと捉えることもできます。
事業用も相談可であるため、ファミリー世帯に限らず個人事業主の方などのSOHOとしてもアリアリでは無いかと、

【物件概要】
丸ノ内線南阿佐ヶ谷5分、杉並区成田東4、築1982(15年リファイニング系棟全体リノベーション)、RC造3階建ての1階他、75.26u2LDK、新耐震基準相当、
オートロック、エアコン、イントリアコーディネーターによる室内リノベーション、B・T別、室内洗濯機置場、駐輪場、駐車場(空・料金確認要)、1Fテラスはウッドデッキ突き、
事務所相談(人の出入りの無いSOHO等)、
保証会社契約要(エポスROOM賃料総額40%・月1.5%タイプ、審査時所得証明が必要)
定期借家契約(再契約タイプ)、
鍵交換代25,000円
賃料15万9000(7000)、礼敷1/1

この広さでこの賃料はリーズナブルです、
ってか東京近郊の賃貸では滅多に探せない条件かと思います。

建造物としての表情がとても感じよくてですね
pakokdaan08.jpg

往年の『阿佐ヶ谷住宅』を偲ばせるビンテージなのです
pakokdaan09.jpg
(立地が私にそう思わせてしまっている側面もあるのかもしれませんが)
こういった建築物の再生企画は「素晴らしい」と思ったところです、


さて、『阿佐ヶ谷住宅』再開発はどうなった
それはそれは素晴らしい高級住宅街に変貌しており
pakokdaan10.jpg

確か浜田山でしたっけ、南側に広がるあの大規模再開発によく似ていますね
pakokdaan11.jpg

再開発の成功を疑う人はいないでしょう
pakokdaan12.jpg

ちょいと遠回りながら、
ぐるっとまわって南阿佐ヶ谷駅へ
pakokdaan13.jpg

前半の話に戻りますが、
中杉通りに出まして、ちょこちょこパールセンター側を横目で見ていけば距離的に近い入口見つけられますので、
pakokdaan14.jpg

たとえばこの辺とか
pakokdaan15.jpg

のような形で、
JR阿佐ヶ谷駅を利用する場合は、中杉通りをメインとし「買い物内容に応じてパールセンターに出入りする」感じで、考えるとベターではないかと思いました。

そしてJR阿佐ヶ谷と(ちょ〜っと画像ボケちゃいました)
pakokdaan16.jpg


(次回は春シーズン前だからこそ「賃貸ビギナー向けユニバーサルなお部屋」取材の予定です)


posted by iwahara at 17:31 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)




住まいの心理学(retour&kagewari)
retour&kagewari2.png
aoydesign
aoydesign.gif
不動産売買の在り方(retour&NAGAO)
nagao99.png
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

TrackBacks
日本最長1.6Kmの商店街、それが戸越銀座です。後編
 ⇒ 東京旅行ガイド (10/23)
黒川紀章作『中銀カプセルタワービル』5万7千円 U
 ⇒ blog.tokyoace4.com (05/02)
 ⇒ blog.tokyoace4.com (02/10)
 ⇒ 障害報告@webry (09/23)
手作りのcafeが桜台にオープンしました
 ⇒ 和のこころ  (12/17)
もののふ「天守」がOPENです
 ⇒ =正統派戦国ブランドのパイオニア=戦国武将と変わり兜のデザインブランド 【もののふ】、もののふの道を追求し、日本の武の美を世界に発信! (11/13)
「春日に古築一戸建てcafeが誕生です」(長期連載)
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』    編集長 不動産ブログ日記 (06/12)
用賀にレアな間取のアパートがありますよ
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 (03/25)
Comments
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
音羽の分譲キラー1LDK
 ⇒ iwahara (03/27)
 ⇒ テオレマ (03/27)
目黒からベテラン向けの1Rストゥディオ 現地レポート
 ⇒ iwahara (01/27)
 ⇒ テオレマ (01/26)
年末にかけての不動産(慣習的な)動向です
 ⇒ iwahara (12/04)
 ⇒ テオレマ (12/03)
 ⇒ iwahara (11/29)
 ⇒ テオレマ (11/27)


RDF Site Summary
RSS 2.0