2018年02月17日

護国寺、音羽のユニークな1R

確かに問い合わせで「護国寺」あまり聞かない駅かも知れません。
護国寺(音羽)は文京でも有数の”いいとこ”ですが、
文京区で問い合わせ多い駅と聞いて思いつくのは茗荷谷でしょうか。
音羽方面と言えばやれ鳩山邸があったり凄いところですが、有楽町線自体がメジャーな沿線とは言えないため、希望駅としてうっかり忘れられているのかも知れません。

人気の茗荷谷の他に、住宅街としては春日方面のが利便性も高いでしょうし、
相場の安さで言えば千石です。
護国寺の印象が薄くなるのもわかる気もしますが、であればこそ取材すべきでしょう。
(音羽的には過去レポートもありますけどね)

早速護国寺駅、
そして、ここ最寄りのビンテージと言えば「音羽ハウス」です
ituwsgoko02.jpg
いつ見ても要塞と言うか古城のような風格に圧倒されます。

でー護国寺駅前と言えば講談社
ituwsgoko03.jpg
(有名な歴史ある建築なのか、ちょっと私は知見が無いのですが)
「帝国なんとか」のような造りです
ituwsgoko04.jpg

さて、物件最寄りの出口となる北側へ進みます
ituwsgoko05.jpg

北西側出口(4番)
ituwsgoko06.jpg
ここに食料品スーパーがあります
最寄りのスーパー的には茗荷谷のサントクが徒歩10であるのですが、
(ちょっ〜っと普段使いには行くの難しいかも…理由は後述します)

また、画像のマルエツも4番出口前なので、信号配置の関係で信号一回余計に渡る事になりますが(3番出口から徒歩3ですから)遠いと感じるほどのものではありません。

護国寺の前から不忍通りを東(右)へ
ituwsgoko07.jpg
また、凄いとこに幼稚園があります。

先ちょっと進んで南側住宅街に入ると物件に到着

ユニークな間取りがこちら
ituwsgoko01.jpg
水回り重視、明らかに女性向のお部屋。
インテリアの配置は腕の見せ所となるでしょう。
個人的にはスッキリとしたストゥディオのがベターにも思いますが、ユニークであるからこそ”そこがいんです”な入居者の方には代えがたいでしょう。
(記憶は確かでは無いのですが、似たようなキッチン重視のお部屋があったのも文京区であったような気がします。)

【物件概要】
有楽町線護国寺3分、丸ノ内線茗荷谷11分、文京区大塚2、築1980年、RC造3階建ての1階、24u1R、
エアコン、TVモニター付きインターフォン、システムキッチン(二口コンロ)、B・T別、独立洗面、室内洗濯機置場、温水洗浄便座、
定期借家再契約タイプ、
保証会社契約要(賃料総額50%タイプ〜)
賃料7万9000円(共益費3000)、礼敷0/1

この立地でこの内容、ハイCPでしょう。
サブリース系の堅い管理会社運営によるもので、条件もしっかり詰められたものになっています。
ちなみに「再契約タイプ」というのは入居者管理上の判断で、簡単に言えば滞納など問題のある場合更新できませんの意です。
ituwsgoko08.jpg
(物件の裏手は広大なお茶お水学園ゾーンです)

ここから茗荷谷駅まで資料的には11分なので、向かってみようと
ituwsgoko09.jpg
近隣には昔の商店街が北側に延びています(春日通りに並走している旧街道のようです)。
開発も進み賑わっている雰囲気ではありませんでしたけれど、新大塚方面に延びているので小規模スーパーもありますし、感じのいい散歩道かも知れませんね。

で、この先は春日通りとの交差点で
ituwsgoko10.jpg
標識もこういう感じとなっております

交差点から南下すれば茗荷谷駅なのですが、
絶妙な坂道なんですよ。そしてこの辺の春日通りって微妙に遠回りにカーブしているため、微妙に歩きやすいとは言えず、
「うーんそれだったら4番出口のマルエツに行くだろうなww」という結論に。
勿論、休日などは茗荷谷界隈ってのもアリでしょう。

そこで、反転しまして護国寺3番出口への直ルートを戻る事に
ituwsgoko11.jpg
なんだか、高級分譲マンションの広告写真みたいな事になってますww

徒歩3なのであっというまに駅出口到着です
ituwsgoko12.jpg
信号の無い向こう岸に見えるのが4番出口とマルエツです

目白通りを南に講談社方面に見た絵がこちら
ituwsgoko13.jpg
周囲の環境を知らずに、護国寺駅から目白通りを江戸川橋まで漠然と歩くと「やたらマンションが目立つだけで、印象に残らない街」だったりします。
そこは更にひとつ南の駅となる新宿区神楽坂のが人気となるのもわかる的な、

しかし、鉄壁の治安含めて音羽には一味違う世界があります。
(※明解な根拠がある話ではありませんが、フランス系として知られる神楽坂に対し音羽方面は英国系のような?いえいえほんと漠然とした印象なんですが私はそんな風に思っています。)
個人的には交通量の多い春日通りの茗荷谷より護国寺の方が好きですね。

<次回はミニマルコンパクトな1Kレポートの予定です>



posted by iwahara at 16:30 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)




住まいの心理学(retour&kagewari)
retour&kagewari2.png
aoydesign
aoydesign.gif
不動産売買の在り方(retour&NAGAO)
nagao99.png
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

TrackBacks
日本最長1.6Kmの商店街、それが戸越銀座です。後編
 ⇒ 東京旅行ガイド (10/23)
黒川紀章作『中銀カプセルタワービル』5万7千円 U
 ⇒ blog.tokyoace4.com (05/02)
 ⇒ blog.tokyoace4.com (02/10)
 ⇒ 障害報告@webry (09/23)
手作りのcafeが桜台にオープンしました
 ⇒ 和のこころ  (12/17)
もののふ「天守」がOPENです
 ⇒ =正統派戦国ブランドのパイオニア=戦国武将と変わり兜のデザインブランド 【もののふ】、もののふの道を追求し、日本の武の美を世界に発信! (11/13)
「春日に古築一戸建てcafeが誕生です」(長期連載)
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』    編集長 不動産ブログ日記 (06/12)
用賀にレアな間取のアパートがありますよ
 ⇒ Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 (03/25)
Comments
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
音羽の分譲キラー1LDK
 ⇒ iwahara (03/27)
 ⇒ テオレマ (03/27)
目黒からベテラン向けの1Rストゥディオ 現地レポート
 ⇒ iwahara (01/27)
 ⇒ テオレマ (01/26)
年末にかけての不動産(慣習的な)動向です
 ⇒ iwahara (12/04)
 ⇒ テオレマ (12/03)
 ⇒ iwahara (11/29)
 ⇒ テオレマ (11/27)


RDF Site Summary
RSS 2.0