2007年09月12日

パシフィックタワー麻布十番(2)

中層階に向かうと(3階〜14階が1L系主力の部屋のある階層になります)、
このマンションの中では一番コンパクトなタイプで申込みもかなり進んでいる(残りの空室は僅かのようです:空室確認必要)12階Aタイプからです。
azabugiin003mA.jpg

azabugiin24a.jpg
水周りは効率的でコンパクトな設計
このキッチンの裏側に
azabugiin25a.jpg
独立洗面と浴室

玄関近くにトイレ
azabugiin23a.jpg

スカット抜けのいい居室
azabugiin26a.jpg
典型的なストゥディオですが、このAタイプはとても地味で(上階のGタイプと同ラインになります)、CP比的に見ても”無難”なタイプになると思います。申込みの進行はこの立地を含めたビジネス上のメリットと合理性からのものでしょう。

中階層でも眺望は十分立派な眺めです
azabugiin27a.jpg

又、この中階層からリノベーションルームが含まれてきます。
「まだ築浅なのにリノベ?」と考える向きもあるかと思うんですが、どちらかと言えばストイックな”プロ仕様”のマンションなので、今回のリノベは『一般コンシューマー向け』を意図したものです(後半のレポートに出てきますが確かにCタイプにこの傾向は顕著です)、

そんな末尾枝番付きのB-fタイプ
azabugiin004mBf.jpg↓の絵は反転タイプですよ
azabugiin28bf.jpg
目を見張るほどのリノベじゃありません、プロ仕様から民生用への『モデファイ』って感じです。
azabugiin29bf.jpg

リノベの内容は
azabugiin30bf.jpg
元々のイメージを継承した抑制的なものです。

azabugiin33bf.jpg

寝室
azabugiin32bf.jpg

景観
azabugiin31bf.jpg

水周りです。
azabugiin34bf.jpg

同階のC-fタイプへ
azabugiin005mCf.jpgこれまた絵は反転ですよ、

azabugiin35cf.jpg
おそらく今回のリノベで最も成功(オリジナルCと完全に別室と言ってもいい変化があります)している部屋でしょう。
ご覧いただけるとわかるかと思うんですが、オリジナルの間取りは変則的1Lなんですが、これをストゥデイオ(間仕切り可)としています。実質1Rストゥディオと考えて間違いありません。
azabugiin36cf.jpg
間仕切りがある感覚ありませんよね、

若干コンパクトな(Aラインと同等)キッチン
azabugiin37cf.jpg

独立洗面と浴室
azabugiin38cf.jpg
間取り図見て欲しいんですが、このキッチンから独立洗面→浴室→トイレと一直線に並ぶ設計は非木造の場合メンテナンス上もとても重要な部分で、店頭効果を期待した過剰な演出込みの水周りは本来不適切な設計なんですよね。こんなところにもこのマンションの”クレバーさ”を感じます。

azabugiin40cf.jpg
非常に開放的なお部屋で、この開放感も正直「ちょっと比較する物件が無い」です、希少価値的判断をしていけばこのC-fのCP比は高いですね。
azabugiin39cf.jpg

B-fのオリジナルBタイプに見る”プロ仕様”ってどんなかと言いますと
B1102号室
azabugiin006mB.jpg

azabugiin41b.jpg
キッチン周りがオープンではなくて(かといってクローズドじゃないですが)、
azabugiin42b.jpg
「LDKじゃなくてLD」といったところです。リノベタイプに比べてシンプルな印象になります。
寝室は全く同じです
azabugiin43b.jpg

そしてさっき話に出てきましたCタイプオリジナル。同じく11階です、
azabugiin44c.jpg

azabugiin007mC.jpg絵は反転タイプですよ

azabugiin45c.jpg
こうなっているんですよ、
実は最初から1Lというよりクローゼット造作による2Rに近いんですね。
ここ、時々1Rストゥディオ論で話になる「家具でも十分間仕切りになるんですよ」なんかの話に参考になる設計です。
”プロ仕様”足る所以は、公式的な来客がある場合に備えて寝室は別に切り分けたいって部分の違いなんですね。ですから、一般コンシューマー用途でも”寝室は別に”って時にはお勧めのお部屋になりますが、C-fを見た後から考えると「あの開放感は捨て難い」とやはり思ってしまいますね。
azabugiin46c.jpg
こうなって、
azabugiin47c.jpg
ここが、
azabugiin48c.jpg
こうなんですよね。

azabugiin49c.jpg
やはり開放感は後退、
実質的なって使いやすさは上回りますから、家具のレイアウトなんかもこちらの方が楽だと思います(そういう意味ではC-fは店頭効果が高い)。家具を置いた図を想像してもらえれば「何か壁が」な印象はなくなりますから(笑
絵的にはちょっと損していますが、家具のレイアウトが楽ってのも大事なポイントです。

この中層階のリノベのお部屋の内容には主力だけあって内容は確かです。
「このマンション、ちょっと考えてみようか?」と思う時には真っ先にこの中層階のお部屋が候補になるのは間違い無いでしょう。

さて、そうなると低層階のキャラはどうなるのか(窓の造りや開放感が高層タワー的設計なので)こちらも確認が必要と。当然低層階の方が賃料もお得です、
確認のために6階で同じAタイプを見てみます。
azabugiin50a.jpg

azabugiin51a.jpg
景観等特典がレベルダウンするのは予測の範囲内ですが、
「なんか落ち着く」と思いますね(笑
地平線含めての”空間認知”が働いて、床面積の体感上の広さは低層の方が高いんです。
あまり知られていませんが、最も床面積を広く感じるのは”1階”です、
Aタイプは前述のとおり空室僅かなので、画像的にもサンプルとなりますから低階層枝番付きリノベのお部屋に向かいます。<つづく>
posted by iwahara at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック




LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)


RDF Site Summary
RSS 2.0