2007年11月19日

売買物件「土地・建物」大田区久が原5億7千万の評価は(2)

早速室内へ
玄関部分の構造は実質1階からだと「通用口から螺旋階段で」のルート、
外階段を利用して「正面玄関から直接」と、二つのパターンがあります。
今回は実質1階(地下)の倉庫部分等の撮影もあったので、パターン1の通用口から入室します。
oota_a14.jpg
こちらが螺旋階段
デザイナーズ系のメゾネットでもお馴染みの螺旋ですが、ここの螺旋は『玄関構造の一部』であって、室内設備ではありません。

上りきると「正面玄関入口」に出ます
oota_a16.jpg

素晴らしいのはこの玄関部分を広く取ったサンルームの設計で、
oota_a17.jpg
ここは現オーナーの注文による意匠です。
実際の暮らしでは(ここ何度もretourの日当り論でお話しているとおりで)、直射日光が激しすぎて不便に感じる事も多く、天井部分のガラス等日除けを後から設置してコントロールしているとの事(この絵もコントロールしている状態)。
ここは次のオーナーにとっても利用法含めて考えるところもあると思うんですが、この一戸建ての評価をする上で最も重要な部分でもあります。
oota_a34.jpg

サンルームからリビング
oota_a18.jpg

リビングには後からの造作壁がありますが、これは容易に撤去も可能
oota_a20.jpg

仕切られた二つ目のリビング
oota_a19.jpg
現オーナーさんともお話したのですが、住居として使う場合(上原プールのような)「茶室風の畳造作のフロアが似合うかもしれない」なイメージです。

さて、ここまでの1階リビング部分もう一度確認してみてください。
これだけのリビングを一般家庭で利用するには、少々広すぎるんです、後で登場しますがとにかく駐車場も広く実質1階の倉庫に関しては室内造作のできている部分も存在します。
ズバリですね『SOHO』的用法で、これほど適している一戸建てはそうありません。「写真スタジオ兼カメラマン自宅」や「デザイン事務所兼自宅」って用途です。
これだけの価格ですから、一見相当高額所得の方の住居をイメージしますが、本格SOHOとして考えれば「相当アリ」じゃないでしょうか。
それだけのデザイン性あります。
実際取材して感じたのですが、明らかに「2階(実質3階)から住居なんだ」という造りで、ここ前回リンクで紹介している「柿の木坂のアメリカン」や「上原プール」よりその突出した特徴なんです。

ちなみに1階のキッチン設備は完動品です
oota_a21.jpg

という事で、住居部分となる上階へ
oota_a22.jpg
この階段の設計も素晴らしいのです
oota_a33.jpg

こちらが第二寝室或いはゲストルームの位置付け(寝室D)ですが、
oota_a23.jpg
「住居部分となる上階のリビング」と見る事もできます。
oota_a24.jpg

廊下があって、
oota_a32.jpg

奥に主寝室
oota_a26.jpg

主寝室の窓から
oota_a27.jpg

主寝室はオーナーのコアファミリー(夫婦)の部屋となりますから、ここには付属で「専用のドレスルーム」「専用洗面」「専用バスルーム」を備えます。完全な西洋式の設計です。
oota_a28.jpg
(ドレスルーム)

oota_a29.jpg

oota_a30.jpg
洗面からバスルーム

中心に子供部屋(寝室A)
oota_a25.jpg

パブリックのバスルーム
oota_a31.jpg

実質1階(地下)設備としては
室内造作ありの倉庫
oota_a10.jpg

ここから直通のガレージ
oota_a09.jpg
(普通自動車3台駐車可能)
oota_a08.jpg

ランドリースペース
oota_a13.jpg

メイドルーム
oota_a12.jpg
(専用のバスルーム等の水周りアリ)

スケルトンの倉庫
oota_a11.jpg
(同タイプのスケルトン倉庫がもうひとつあります)

実質1階を倉庫やアトリエとして改装し、1階を個人事務所的ブースと考えればば大型の駐車場と合わせて相当の仕事量を確保できます。
但しここは『第一種低層住居専用地域』ですから、これを本社ビル的事務所とするのには法的に問題あるので、あくまでも自宅兼用の”個人の仕事場”的なものに限定されます。

確かに誰にでも薦められる内容では無いかもしれませんが、
相性の合う人なら、資産リスクに大きな問題を抱えるタワー型億ション等に比べて数段魅力ある”意匠であり構造”と言えるのじゃないでしょうか。
実際の住居スペースの内容は、純西洋式の設計が特徴ですがイメージは「質実剛健」な印象で決して豪奢なものではありません。
『本格派一戸建て+α』な評価になりますね。


===============================================================

早速周辺の街的環境も足で確認します、
「気になりますよね〜」
oota_a36.jpg
「うんうん、気になる、気になる」

久が原の閑静な住宅街から池上方向に南下すると、第二京浜を渡ったところでガラっと印象が変わります。そうです、蒲田的な庶民の街になるんです。
oota_a37.jpg
こちらが池上の商店街、

この池上って街も「蒲田まで繁華街となるとちょっと」な方には有力なところで、個人的には東急沿線で一番内容がいいのは”池上線だ”とも思っています。
一番東急らしいって部分もありますが、のんびりしていますし自由が丘近隣をグルッとかすめて回って蒲田までってルートの短さや五反田乗り換えの利便性といい好きな路線ですね。
ちょっと北の井の頭にも似たところあるかな、
池上あたりなら賃料も安いんですよ〜
posted by iwahara at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0