2005年11月29日

青山1丁目から「静かな大人の部屋」を紹介します(2)

301号室の間取りは特徴があってLDKにも大型クローゼットがあります。そこでポイントになるのがDKとLの分離です、
全体としてリビングだって雰囲気にするにはキッチンと玄関の位置関係がDKタイプなので(キッチンが広い事もあって、イメージ的にもDKイメージが支配的)、一工夫必要なところです。

そこがこのお部屋はオーナーさんの好意で、モデルルームのように「こんな風にすると素敵でしょ」っと移動家具が設置されているのです(そのまま使いたい場合には、家具付きになります)
aoyama26_301.png
このレイアウトは広い1Rストゥデイオの使い方の参考になります。移動家具をひとつ置くだけで部屋のイメージはきっちりとキッチンとリビングに分かれ壁で仕切られているより解放的で、広さ感を損なう事がありません。
aoyama19_301.png

ここが私が「若いカップルの方」に2DKではなく1LDKを勧めている理由なんです、2DKでも扉を外してしまって1LDK風に使うだけで居住性も上昇しますよ(キッチンが寒いという事も無くなります)。

又居室との間もガラス戸になっているため、使い勝手のいいストゥディオのようなイメージで、築浅1Kよりも明解に内容は上です。
aoyama21_301.png

aoyama24_301.png

キッチンは大型でバスルームも清潔感があります

aoyama23_301.png aoyama18_301.png


窓からの景色も見晴らしがよく、このお部屋の開放的なキャラクターがよくわかります。
aoyama20_301.png

aoyama25_301.png
ルーフバルコニーは十分ガーデニングのできる広さです。
(402号室の画像を参照してください)

そして大型のクローゼット
aoyama22_301.png

青山1丁目至近で、これだけ落ち着いた内容のシングル向けの1Lは滅多にありません。そしてクオリティーが高いです、
こちらのマンションは「お子様不可」なんですが、その意味合いも喫茶店なんかで時々見かける「小さいお子様不可」と同じもので、ここは静かな大人の部屋ですよって意味があり、青山というロケーションもあって、その意味合いがよくわかるお部屋です。

ではオリジナルの和室はどうでしょう。
402号室を見てみましょう
aoyama10_402.png
和室の窓も開口率の高いもので(窓の先は渋谷です)、バルコニーの存在が生きています。
aoyama17_402.png
ご覧になるとわかると思うのですが、バルコニーは『塀』ではなく『柵』です。
時々お話しているのですが、南向きに作るため(直射日光を制限するため)とプライヴァシーへの配慮から、昨今のマンションのバルコニーはほぼ100%『塀タイプ』です、つまり窓から見える景色も「バルコニーの裏側」なんですよね、昔のタイプですとここは『柵』
になっていて俄然解放感に違いがあります。

LDK部分の広さは十分で、こちらは対面形式なのでイメージは最初からリビングのそれです
aoyama15_402.png

窓からは青山が見えます
aoyama16_402.png

キッチンは大型で
aoyama12_402.png

洗面やバスルームは301と同様の内容です

aoyama13_402.png aoyama14_402.png


こちらはもうひとつの和室
aoyama11_402.png

完全振り分けですから、こちらのお部屋は書斎として完全に分けて使えます。
オーナーさんのお話ですと「和室の部屋もどうしても残したかった」との事で、このお部屋はオリジナルなのです。

全室共通するのは「古さを感じさせないクオリティーの高さ」で、広さ的には驚くほどではありませんが、バルコニーを含めた内容の良さは「築浅からは探せない」ものです。
場所が場所ですから青山1丁目至近で住居を探している方となると、どうしても仕事の関係であったり、終電を気にしないで家に帰れる等の方になってくるでしょう。そんな時に「この静かさとくつろぎ」は、とても貴重な筈です。

アーバンホームズの担当吉村さんが「本気で綺麗にしますよ」と太鼓判の401号室リフォーム完成が楽しみですね。
部屋の位置関係から「最高の部屋」との認識でフラッグシップとなるリフォームが計画となったのです。

築年数が古いというのは、ネガティヴな事ではなく、むしろチャームだと気がつかされるお部屋ですね。
都心でお部屋を探されている方、お勧めですよっ
============================================================

それが内観取材の時にも、話に上がったのが「ロールス」です(笑

「あれカッコいいですね〜」
「ね〜、私もそう思いましたよ(吉村さん)」
「時々売れてますよ、バリッとしたスーツの紳士って感じの人じゃなく、普段着の人が買っていくみたいですね(オーナーさん)」

時代なのかも知れませんね。
aoyama05.png

このお部屋の隣りに売っているのが似合いますっ
posted by iwahara at 00:37 | Comment(2) | TrackBack(1) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
いや〜! いつもいつも
 岩原さん グーな物件見つけてきますね!
今回の物件も使い勝手が良さそうな!
 
物件も良いが 岩原さんの精力的な
 レポートには頭が下がりっぱなしです!
次の物件も楽しみにしています!

 池袋の空の下より
    秋場でした!
Posted by kaz4979 at 2005年11月29日 18:50
どうもです秋場さん
今「耐震強度偽装」問題も執筆中です。。。

ほんと「賃貸の活性化」は、望ましい事で、築年数と関係無く内容のいいマンションがあるって方向性は大事だと思います。
この青山はピラミッド型なので、構造強度は『ガチガチ』ですもん。

秋場さんも頑張ってくださーい
Posted by iwahara at 2005年11月30日 15:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック

メーカー不明のブリキのロールスロイス
Excerpt: メーカー不明のブリキで出来ている比較的小さなロールスロイスです。
Weblog: 煙草入れとブリキの車とコレクション
Tracked: 2006-01-11 10:29



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0