2019年04月20日

西荻窪のシングル分譲賃貸(空予定です)

今回も空予定のお部屋となりますので(2ヵ月前解約予告なのかな)、物件概要は一部自主規制となります。実際に確認していないため確定情報ではありませんが同物件情報は所謂ポータルサイトなどでも散見されるため「一般媒介である可能性」もあります。
そんな意味で、今回のレポートも他社成約の援護みたいな意味になってしまうかもなんですが(笑
ユニークな設計とハイCPから取材GOとしたところです。
(内容的に内見開始前に優先申込となってしまう場合もあるかも)

ルートがわかり過ぎる一面ありまして、
「駅前商店街そのまま真っ直ぐ」
帰り道の絵的には一工夫してみました

そんなこんなで西荻窪駅からスタート
setumennna02.jpg
(西荻駅周辺は来るたびに綺麗になっているような気もしますね)

メイン駅前商店街を真っ直ぐ進みます
setumennna03.jpg
平日でそれほど遅い時間では無い筈なのですが、
地元的に閉店時間が早いのか、歩行者以外に少なかったですね。
(ちょっと不思議でした)

setumennna04.jpg
どちらか言えば歩きやすい緩い商店街に属しますが、

若い人向けの店舗公更は順調に進んでいる街で
setumennna05.jpg

「部屋を探すなら(吉祥寺では無く)西荻で」
地元的なコンセンサスだったりする理由のひとつ

必ずしも規格歩道の幅員広くないですが、
いつ来ても歩きやすい印象のある商店街なのです
(荻窪に比べて自転車が少ないのかも?)
setumennna06.jpg

西荻窪と言えば”女街”に属しますから、
ヘアーサロンが多いのも特徴かもです
setumennna07.jpg

実際は10分以内なのですが、
印象的に「関根橋で10分ぐらいかな」であるため、
体感上もだいたい10分でここ
setumennna08.jpg

(ほぼ到着)
橋渡ってちょこちょこっと行ったところです
→続きを読む

posted by iwahara at 23:19 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

再びの武蔵野市西久保からファミリータイプ


ちょっと前のレポートとまあほとんど同じルートになってしまうのですが、
そこはそれ、今回と合わせて密度が高くなればと思います。
(というかハイCPのエリアはそのように隣接した地域だとも言えるのでしょう)

今回もズル(じゃなくて)実際の通勤ルートはこっちかも的に駅前通りでは無く、三鷹通りから現地向かいます。
はい、この先の突き当りに見えているのが三鷹駅
matnioaru02.jpg

この辺から途中まで先日のレポートと同じ
真っ直ぐ北上
matnioaru03.jpg

緩い商店街を進み
matnioaru04.jpg

武蔵野警察前で駅前通りと合流
matnioaru05.jpg

井の頭交差点のとこを
matnioaru06.jpg
こっちじゃなくて
 ↓
旧街道の流れで独立商店街入り口で渡り
matnioaru07.jpg

今回はちょことっと進んだところで
matnioaru08.jpg

こちらも旧街道と思われる城山通りに曲がり
matnioaru09.jpg

北上します
matnioaru10.jpg

閑静な住宅街を真っ直ぐで到着です
→続きを読む

posted by iwahara at 04:04 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

神楽坂からダントツのハイCP1R

資料的にも立地上も大江戸線牛込神楽坂が近いですが、この辺住民の理解としては(大江戸線駅はマイナーなので)神楽坂徒歩7分で正解でしょう。
出口的に矢来口・神楽坂口どちらでもいけます(神楽坂の街で買い物するなら神楽坂口から徒歩10ってイメージ)。
早速最寄りの矢来口からスタートです
korginasamd02.jpg

セレクトショップな(最近できて例の新潮社LGBT抗議騒ぎの時報道にも出ていた)新しいモールですが、テナント入れ替え?この日はロープで閉鎖されていました。
korginasamd03.jpg

そして事実上の新潮社通りなバイパスを南下
korginasamd04.jpg

このへんがまた環境のいい閑静な住宅街なのです
korginasamd05.jpg
(更に南下すると”市ヶ谷”裏の旧軍人街)

korginasamd06.jpg

まもなく大江戸線駅のある大久保通りとの交差点へ
korginasamd07.jpg

この辺まできたら「もう着いたかな」な近さです

左向け左(東)で少し歩くと
korginasamd08.jpg

ここでほぼ到着
チェーン店cafeがほぼお隣ですが、この日も満席に近い状態で(近隣には他にもcafeあります)、
毎日ついでに寄ることも可と断言はできませんが、
ほぼほぼいつでも寄れるだろうという好立地です。
→続きを読む

posted by iwahara at 17:18 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

阿佐ヶ谷の空予定1R

JR阿佐ヶ谷と丸の内南阿佐ヶ谷間のほぼ中間に位置するという好立地
しかもハイCPですから契約できた人はラッキーなお部屋だと思います。
微妙な時期の空予定(3月末)ですから、春のピークをずらして正解な方にピッタリでしょう。
ルート的にもわかりやすいので早速いってみましょう。

新中杉の西側となるので商店街ルートではありません、
ありませんが、このルートも商工会に属しており小規模店舗が緩く連なるルートです
まずは阿佐ヶ谷駅から
kotukiafgyn02.jpg

ロータリーの西側へ出て
kotukiafgyn03.jpg

駅近の飲食店区画を抜けます
kotukiafgyn04.jpg

この区画は駅北側の飲食店街と同系列なのでお酒飲まれる方にはかなり高いポイントかと
kotukiafgyn05.jpg

ちなみに紹介のルート上にあるcafeはどのお店もほぼ満席状態で、阿佐ヶ谷らしいというか、ちょっと気の利いたお店はよく入るんですよね(その反面普通に良心的なお店だけでは集客厳しいという店舗泣かせの街でもあります)。
飲食店街を抜けて突き当りから南下のルートへ
kotukiafgyn06.jpg
このようにここも商工会に属してます

一度閑静な住宅街となり、更にその先の飲食店街のある小道へ
kotukiafgyn07.jpg

雰囲気いいところですよね
kotukiafgyn08.jpg

駅徒歩5分なのでもう到着です
振りかえると(新中杉側へ)
kotukiafgyn09.jpg

このような近隣環境となっております
→続きを読む

posted by iwahara at 17:18 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

三鷹の武蔵野西久保ハイCPミニマルコンパクト

今回のミニマルは生活様式的にもミニマリスト的な方向けかもです。
一般にRC造1Rの基準は17平米前後からと考えられるため、今回の約16平米は居室5帖前後(江戸間なら4畳半でしょうか)収納にも若干工夫が必要と思われるためですが、立地の良さとダントツのハイCPなど、断捨離の価値ある物件となっています。

早速三鷹駅からスタートです
スタートなんですが、今回は駅前通りからちょっとこっち側へオフセットしてスタートです
mtakekubhe02.jpg
三鷹通りだったかな?
今回の立地は過去にも紹介している武蔵野市の西久保独立商店街の真っ直ぐ先ということで、歩きやすさというか信号渡りやすさの点で若干疑問の残る駅前通りよりこちら選ぶかもって考えで、ルート変更しております。
mtakekubhe03.jpg

といっても三鷹通りも商工会に属する商店街であり
mtakekubhe04.jpg
大きなお店はありませんが、馴染のいい雰囲気なのです

あっという間に駅前通りに合流し
mtakekubhe05.jpg
 ↓
いつもの絵となります
mtakekubhe06.jpg
(武蔵野警察署のちょうどお迎えあたりに大規模再開発があるようですね。昨今メディアなどで三鷹が人気の街的に紹介されていますが《地元民的にはいつの話ww的な》、ははーなるほどと思った次第です。)

西久保商店街に連続する旧道の名残と思われるとこから井の頭との交差点へ
mtakekubhe07.jpg
(だいたい実徒歩感、ここまでで10分前後かなと)

独立商店街の名前、今回初めて知りました
山谷通り商店街って言うんですね(台東区じゃありませんよ)
mtakekubhe08.jpg

この商店街を突き当りまで進みます
mtakekubhe09.jpg

この辺は文教地区でもあって
mtakekubhe10.jpg
この日は平日でしたが、親子連れの方も多く見かけました

いなげやがあるので
mtakekubhe11.jpg
週末の買い物も徒歩5分圏です
→続きを読む

posted by iwahara at 12:00 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

永福町メイン商店街最寄りのファミリータイプ(1L的な2L)

さて永福町メイン商店街からそのままルートでファミリータイプは無いのか
商店街再開発のその後と合わせてみてみましょうか。
永福町駅からスタートです
ztukhumeit04.jpg

メイン商店街は必ずしも食料品調達に強いラインアップでは無いので
永福町の場合駅前スーパーの利用頻度は高そうです

小規模店舗を中心に、飲食店を中核とした穏やかな商店街です
ztukhumeit05.jpg

方南通りへのバイパスでもあるので
ztukhumeit06.jpg
バス便含むそれなりの交通量ありますが、
商店街内は走行速度も遅く、地元的には歩きやすい商店街に属します。


商店街特有の傾向として、
”歩いた感”が軽く、ちょっと歩いたかな〜な雰囲気で方南通りへ出ます
ztukhumeit07.jpg

確かにここまでとなれば5分以上歩いていますが、
歩いた印象的に10分以内かな?って体感
ztukhumeit08.jpg
この歩いた感の軽さが商店街ルート最大の強みでしょう

交差点から細い分岐が見えますね?
実はここが八幡通り商店街みたいな(前回紹介した大宮八幡の)旧参道なのです。
ztukhumeit09.jpg

方南通りを渡り、その旧参道へ
いかにも地元店的な飲食店や飲み屋さんなどが緩めに連なっています
ztukhumeit10.jpg

この辺から住宅街にちょっとゴニョゴニョと入ったところで到着
→続きを読む

posted by iwahara at 20:11 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

新高円寺から永福町「分譲クラスの2L」で(2)


てなワケで続きです
大規模和田掘公園の先にはこの辺ではかなり有名な大宮八幡様がありまして
siklmptk19.jpg

かなりデカいです

この先は方南通りでそこ渡ると永福町駅近住宅街が広がっているのですが、
私の記憶が確かなら、昔その住宅街で”狸”を見た事あるのです

それぐらいに大宮八幡から和田掘公園の自然は広大なんだと

八幡から方南通りはすぐそこ
siklmptk20.jpg

ちなみに方南通り真っ直ぐ行くと西永福で井の頭に接続
交差点は5差路となっており、西側は甲州街道へのバイパス水道道路
(その関係もあって松ノ木住宅前の通勤路も微妙に交通量も多かったりする←前回指摘した暗くなると車道チャリで走るのちょっと怖いかもの根拠の一つ。)

今進むのは東側裏手の住宅街抜け道で
siklmptk21.jpg
(この道を南下すると駅前商店街に接続するのです)

永福町駅近住宅街は地価も高いのか、高級戸建てや高級感のある分譲マンションなどが並びます
siklmptk22.jpg

siklmptk23.jpg
そして永福町のメイン商店街へ接続

ここですね(駅直ぐ近くの分岐点のところ)
siklmptk24.jpg

その先はもう永福町駅です→続きを読む

posted by iwahara at 20:55 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

新高円寺から永福町「分譲クラスの2L」で(1)

さて、実際歩いて確認しました、
徒歩距離近いのは永福なんですが、通勤ルート的最寄り駅は新高円寺(乃至南阿佐ヶ谷)だと思います。どうしてなのかは追って説明しましょう。

さて、過去レポートにおいても南阿佐ヶ谷の南、松の木には独立商店街の存在がある事お伝えしてしてきたかと思います。その背景事情でもある松の木住宅の近隣に今回物件は存在するのです、
徒歩距離はちょっと長めですが周辺環境とファミリータイプの性格上”アリ”だと思いますね。

まず物件概要に従って新高円寺からスタートです
siklmptk02.jpg
駅近に伊勢丹クイーンズなどありますが、今回はそこ紹介の必要はありません。
(松の木独立商店街最寄りですから)

速攻五日市に出て西へ下ります
siklmptk03.jpg

この道はなにげに歩きやすいルートで交通量も多くありません
siklmptk04.jpg

進むに従って(駅から遠ざかっているのに)お店が賑わってきます
siklmptk05.jpg

この先が松の木独立商店街(五日市沿い方面)で、
画に写っているのは生協とドラッグストア
siklmptk06.jpg
更にこの先にはパン屋さんだったりサミットなどもあります

今回はここで南側(左側)に曲がり南下
siklmptk07.jpg

考えてみると、この位置って南阿佐ヶ谷から真っ直ぐ南下したあたりなので(これがその近道ルートが無いところが玉に傷なんですが)、道を選べば新高円寺からとほぼ同じ時間じゃないかしら。
そんなことはともあれ先を進みます

商店街は再びこの南下ルート上でも賑やかになってきます
siklmptk08.jpg
小規模小売店を中心とした
昔ながらの商店街です
→続きを読む

posted by iwahara at 17:43 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






住まいの心理学(retour&kagewari)
retour&kagewari2.png
LINK
◇『green』
◇pieni kauppa
◇Loule
◇aoydesign
◇RELIGARE・DADAcafe
◇a.flat エーフラット家具
: : SPECTATOR : :
◆悪徳不動産屋の独り言
●Oh My God!360度ぱのらま
●阿佐ヶ谷ならアクロス
aoydesign
aoydesign.gif
不動産売買の在り方(retour&NAGAO)
nagao99.png
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Amazon

マッド・アバウト・ザ・ボーイ
シビル・シェパード
B00008CH9U

OCB-1ST マルチパワータップ
B0007RBWUI

TEAC Reference PD-501HR-S
TEAC Reference 501 CDプレーヤー DSD/PCMディスク再生/ハイレゾ音源対応 シルバー PD-501HR-S

DENON DP-300F-SP
B000EQHY2M

audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ20
B000EDWTCA

トライオード USB-DAC内蔵真空管式ステレオ・プリメインアンプ TRX-PM84
B004QQRTKS

KEF Q900 VersionUp (ペア) (VEW(ヨーロピアンウォールナット))
B00KGPNM86

LUXMAN CL-38u
B004P4G4SO

LUXMAN MQ-88u
B004P4EM0Q

SONUSFABER スピーカー(ペア) OLYMPICA1ペア
SONUSFABER スピーカー(ペア) OLYMPICA1ペア

Kind of Blue
Miles Davis
B000002ADT

Love Supreme
John Coltrane
B00006K06N

Something/Anything?
Todd Rundgren
B0000032WL

A Wizard, a True Star
Todd Rundgren
B0000032OY

Hejira
Joni Mitchell
B000002GYC

The Soft Parade
The Doors
B000002I2G

How Dare You!
10cc
B000006U4M

Tapestry
Carole King
B0000258CK

In the Court of the Crimson King
King Crimson
B00065MDRW

In Through the Out Door
Led Zeppelin
B000002JSP

Dark Dear Heart
Holly Cole
B000005H9X

Waltz for Debby
Bill Evans Trio
B000000YBQ

Night Dreamer
Wayne Shorter
B0007M23A6

The Koln Concert
Keith Jarrett
B0000262WI

Appointment in Milano
Bobby Watson
B000000G4B

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)


RDF Site Summary
RSS 2.0