2019年06月03日

新宿御苑前好立地の分譲賃貸1Rストゥディオ

前回は吉祥寺の高級ハイCPでしたが、今回は新宿系の方には滅多に出ない”立地・バランス”ともにレアなハイCPビンテージ系分類かと思います。
(且つ分譲賃貸なので同様の部屋が定期的に賃貸に出るとも考え難い。)
今回も駅近なので物件までのルートはショートレポートです

取材は新宿から徒歩で向かっためこの位置からの「御苑前」です
otnmshkj02.jpg

新宿東口や南口方面から歩くとよくわかりますが、
そうですね明治通り周辺を境に「繁華街と住宅乃至SOHO事務所系の街」は明解に区切られいることを体感できます(すっと人通りが変化するというか”静かになる”)。

物件は御苑前駅の2番(東)口となりますので、
ここがスタート
otnmshkj03.jpg

富久町再開発地区入口の交差点に接続する商店街をちょっと北上し
静かな通りを東へ
otnmshkj04.jpg

ここは花園小学区の外郭なので(物件も小学校最寄りです)
otnmshkj05.jpg

一本先に進んで花園小学校を巻いていきましょう
otnmshkj06.jpg

絵的には学校校庭側が暗く見えますが、そこは小学校なので
夜道が暗い的な心配はありません(校庭側目隠しの生け垣が濃いだけです)
otnmshkj07.jpg
(この時も大人だと思うんですが校庭でサッカーかな?スポーツやっている声聞こえました)

ぬけるともう物件に到着です
otnmshkj08.jpg

物件区画を曲がると、富久町再開発地区正面の外苑西通りへ接続するバイパス道です
otnmshkj09.jpg

ちなみに物件前の商工会通りを(小学校方向に)振り返るとこんな感じ
otnmshkj10.jpg
→続きを読む

posted by iwahara at 02:30 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

吉祥寺系、三鷹台の高級分譲賃貸1Rストゥディオ(1Lタイプ)

これは30代中堅所得に余裕ある方向けな内容となります。
(いきなりですが次回もなかなかの競争相手です)
過去レポートにあるとおり吉祥寺は繁華街であるため駅近が必ずしも好条件とはならず、地元的に吉祥寺に住むなら「女性なら西荻、男性やファミリーなら三鷹」みたいな位置づけにありますが、吉祥寺を井の頭文明と見た場合ダントツなのは”三鷹台”です。
「井の頭公園駅は?」な方いるかもですが、井の頭公園駅は(渋谷で言えば神泉と言えばいいか)乗降数も少なく、買い物にも若干不自由するほど街のスケールも小さいのです、
なんとはなしに地元的には、井の頭線吉祥寺の次は”三鷹台”だねみたいなことになってます。

今回そんな三鷹台の駅近2分ですから、これ考えれば吉祥寺徒歩10分圏と同格でしょう。
すごく近いので”行き”はショートレポートです
三鷹台駅〜の
iidkresira02.jpg

小田急OX〜の
iidkresira03.jpg

斜めむかいにもう到着
iidkresira04.jpg

資料的には1Rとなってますが実質1Lの間取りがこちら
iidkresira01.jpg
アイランドキッチンなのかな、実質横玄関ホール付きに近い構成で寝室部分が図面からなんとなく分離独立して見えるかと思います。
この広さ(37平米越え)なら水回り重視でB・T別が一般的なところですが、ここは西洋建築に習い3点ユニットを選択することで、実質40平米暮らすと同棟の広さを確保している。
プロ好みの間取り設計です。
→続きを読む

posted by iwahara at 07:19 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

立川のデザイナーズ系1R

立川と言えば、
どうでしょう、私が時々訪れていたのはうん十年前の「サバゲーとかやってた学生時代にガスガンのカスタムパーツ買にいってた頃」の話でありましてww
今はすっかり当時と様相変わっています。
(記憶違いでなければ当時は繁華街も随分怪しげで風俗街も並んでいたような)

なんだかんだ中央線は吉祥寺の成功を模倣し(伊勢丹などのデパートの誘致と風俗街縮小の地元協定)、現代の立川も吉祥寺とよく似ています。
「小さな新宿的な街」と言っていいでしょう。街のスケール的には吉祥寺より立川の方が新宿に似ているかも知れません。
koettikaw02.jpg

ちなみに中央線の街キャラは「ファミリーなら荻窪(か三鷹)、サブカルの高円寺(か中野)、女性シングルお勧めは阿佐ヶ谷・西荻、意識高い国立、西の新宿なら立川」といったところでしょうか。
立川に関してはJRA馬券売り場であるウィンズが存在するところまで新宿と同じです。
そのキャラから言えば「男街なのかもしれません(縮小しても風俗は存在しますし)」、
しかし綺麗に整備された駅ビル界隈の「市井のダイナミズム」は男女問わずお勧めの勢いがあり、(そりゃ直前取材の目黒不動前とは街柄全然違いますがww)
この町はまだまだ伸びるぞ的な力強さがあります。
koettikaw03.jpg

今回はそんな立川からユニークなデザイナーズマンションの紹介です
物件は駅南側なのでこちらへどうぞ
koettikaw04.jpg

現在の立川に土地勘あるかって言われるといささか自信が無いので、
まずは地図上最短距離で向かう事にします
koettikaw05.jpg
(街の看板からもここが繁華街であることわかります)

歩いてみた感じ(行きルートの)最短距離は男子向きですね
(道中風俗ビルなんかもありました)
反面帰り道は女性でも安心なルートとなっています。体感時間もそれほと違い感じませんでした。
koettikaw06.jpg
(ちらっとウインズも見えてます)

線路に沿って東に向かってます
koettikaw07.jpg

この先に橋的な立川通りの横断歩道がある筈
koettikaw08.jpg

(一度下に降りる事無く、水平的に横断歩道渡れます)
koettikaw09.jpg

ちなみに帰投ルートはこの先(南)の交差点を経由します
koettikaw10.jpg

立川通りを渡り、閑静な住宅街へ入れば到着です
→続きを読む

posted by iwahara at 05:15 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

目黒のプロ受けするアパートメント形式1R

目黒では過去にそのまんまのホテル賃貸1Rを紹介したことがありますが、
今回のお部屋は当初からホテル系アパートメント形式で設計されていると思われる(アパートメントは本来この姿が正しい)、ユニークな1Rマンションの紹介です。

(※空予定となっておりますので物件概要は一部自主規制となっております)

厳密に言うと最寄りは目黒では無く不動前なんですが、
地元の方には説明するまでも無く「不動前なら目黒みたいなもの」と申しましょうか、通勤利用駅という意味では無く、街に出るという意味合いで目黒商店街なども行動半径に入るということです。

そんなこんなで不動前からスタートします
今回も駅近となっておりまして、
iyiyupog02.jpg
不動前駅やってまいりました

で、駅の右(南)側道真っ直ぐです
iyiyupog03.jpg

大変静かな通りで(緩めにお店も並んでおりますが)
iyiyupog04.jpg

歩行者の方も上品な雰囲気だったり
iyiyupog05.jpg

ちょっといいとこ且つ、公園では平和にファミリーが遊んでいるなど
iyiyupog06.jpg

ハイセンスなcafeがああればいかにも当りそうな立地の先に
iyiyupog07.jpg

ほぼ到着なのです
→続きを読む

posted by iwahara at 20:25 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

高円寺ド・駅近過ぎるショートレポート

駅近といっても街次第ですよね
事務所や公共機関の多い大規模な街の主要駅駅近の場合「帰宅するというより通勤するみたい」なんてことにもなり兼ねません(帰った感の欠乏)、
反面たとえば三鷹の駅南側線路沿い吉祥寺方向の武蔵野市地区みたいに「綺麗に駅直後で”街の喧騒”がスパッと切れて住宅街となっている場合」などであれば、
実際は駅近でもしっかり神経もリラクックスモードに切り替わるタイミングも発生し”帰った感”に不足は起きない。

もひとつ「駅周辺の商工地区に大規模系がほぼ無く、小規模商店街の街」の場合も、駅近過ぎて疲れが抜けないって心配少ないでしょう(この点東急圏や井の頭線の小規模駅全般にも言えますね)。
■今回取材は最近頻度が増えている高円寺です

ご存じのとおり高円寺は(吉祥寺と対比関係にあると思いますが)大規模店舗がほとんど存在していません。いちおう駅前通りがオフィースなどもある街区ですが(そのまま南下すると青梅街道交差点から五日市街道になる)、この街区そのものもほぼ中低層建築となっており圧迫感を感じません。

さて、今回は駅徒歩4ということで
そのままだと画像数枚で終わっちゃうものですから(笑

わざと遠回りして高円寺北口画像からスタートです
mdarekkn02.jpg

一個前の高円寺レポートでしたか、
最近急速に外国人観光客歩行者が増えているのが「駅ナカホテルがその理由と思われ」書きましたが、この日も多くてですね、必ずしも英語圏に限らない相当広めのワールドワイドな外国人観光客の方が「通行人の10%近くいらっしゃるのでは?」な体感で、
高円寺にくるとそんな風情も常識になってきました。
mdarekkn03.jpg

駅西側繁華街のチラ見しつつの
mdarekkn04.jpg

JR中央線高架下を回り込み
mdarekkn05.jpg

駅南側へ
mdarekkn06.jpg

てか駅南側出口から向かえばもうそこじゃんってそのまんまなのですが
駅南口側ロータリーです
なんと、もう到着、、(駅徒歩2分でもいいのかも知れない)
→続きを読む

posted by iwahara at 17:41 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

再登場東高円寺のデザイナーズ1LDK


過去資料探してみたところ、
2010年に一度レポートしたお部屋だと思います。
(そう考えると随分長い事やってきたものだと感慨にふけったり)
某超大手の『分譲キラー』
同社は最近アパートメントラインの持ち物件を売却した事例も見ていたんですが、
今回も中堅大手に売却される形になっておりますね。

そんなことはともかく、初回取材時賃料と比べると随分お得になっております。
これだけ力作物件ですと、10年やそこらで居住性能に変化ありませんので、タイプの方には引越しのチャンですよ的に再び向かう事にしました。

このブログ読者の方なら「東高円寺と言えばデザイナーズ」ご存じかと思いますが、
今回もそんなデザイナーズです。

東高円寺駅からスタート
nmekawatn02.jpg
(今回ペット可なのに後ろの蚕糸の杜公園撮影忘れました、過去レポートで何度も紹介してますので検索すれば必ず出てきますんで、スイマセン)

帰り道を意識して下り側出口からのルートとなっております
何せ徒歩4分なんで「すぐそこ」なんですが、、

駅北側には地元商店街
nmekawatn03.jpg
(先に食料品スーパーもあります、というか後で出てきますが物件となりがディスカウント系スーパーだったりして買い物に困る要素は皆無)

青梅街道を東へ
nmekawatn04.jpg

あーもう見えてきました
nmekawatn05.jpg

さて、今回ペット可ということで重要なポイントです
というかこれが目的でこっち側歩いてきたのですが
ハイ、獣医さんです
nmekawatn06.jpg

この先は新中野(5分ほどあるくとスーパーサントクもあります)
nmekawatn07.jpg

ちょっと遠回りしてしまいましたが物件へ
nmekawatn08.jpg

→続きを読む

posted by iwahara at 23:48 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






LINK
◇『green』
◇pieni kauppa
◇Loule
◇aoydesign
◇RELIGARE・DADAcafe
◇a.flat エーフラット家具
: : SPECTATOR : :
◆悪徳不動産屋の独り言
●Oh My God!360度ぱのらま
●阿佐ヶ谷ならアクロス
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Amazon















































Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)


RDF Site Summary
RSS 2.0