2018年09月10日

中野から野方へ歩いてみる(ハイCP1K)

さて今回はちょっと異例な展開となっております。
図面資料的には「最寄り駅沼袋(中野)」となっているのですが、地図出ししてみたところわかりやすいルートで沼袋の近道がどうにも特定できず、地図をよく見ると「あれ野方の方が実徒歩近いかも」な印象だったんですよ(駅はともかく野方商店街までの距離なら沼袋と同格)。

そこで、中野から野方の紹介兼ねて物件最寄り駅を「野方(中野)」としてレポートしてみようと思います。
補足情報的に野方は高円寺から歩く方が勿論近いのですが、これがたま最もわかりやすいルートが環七になっちゃうため(連続している商店街もちょっと無さげなのです→高円寺大和町からのバイパスは都立家政方向に延びている)、「そもそも野方は高円寺駅が近いのは事実だが、歴史的にも中野の外郭と考えるべきなのかな」とも思った訳です。

実際に今回紹介のルートは旧街道と思われで、商店街ってほどではありませんがポツリポツリと商店などが連なる形で野方まで連続するルートとなっています。

まず中野駅からスタートします
thdaarukn02.jpg

サンプラザの裏に食料品スーパーあるのは紹介済みなので今回は割愛します
ルート的には公園を抜けたいので、ここから左(西)へ
thdaarukn03.jpg

中野区官庁街へ進み
官民共同再開発と思われずゾーンへ
thdaarukn04.jpg

ぶっちゃけこの辺だけ都市計画的にも特別に金かかってます(笑
thdaarukn05.jpg

つまり日常利用する通勤路などにも使ってこそ住民としての利益を得られると
thdaarukn06.jpg
かなり大規模な開発で、区画では「官・公園・民・大学・病院」が計画的に配置されています。

thdaarukn07.jpg
公園を抜け

警察病院横を北上
thdaarukn08.jpg
「ここは北海道ですか?」みたいな幅員の道路整備がおこわなれ、歩きやすいルートです。

早稲田通りの交差点を渡ると「旧街道」と思われるバイパス道に出ます
thdaarukn09.jpg

物件までほぼこのまま道なりに北西に向かいます
thdaarukn10.jpg

小学校などもある静かな住宅街で、
車の交通はありますが、それほど交通量多くありません
thdaarukn11.jpg

妙正寺川の橋を渡ると「野方圏となり連続する商店街に入ります」
thdaarukn12.jpg
ここまで実徒歩で15、6分でしょうか

thdaarukn13.jpg
物件はこの近隣住宅街をちょこっと入ったところです
→続きを読む

posted by iwahara at 19:12 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





LINK
◇『green』
◇pieni kauppa
◇Loule
◇aoydesign
◇RELIGARE・DADAcafe
◇a.flat エーフラット家具
: : SPECTATOR : :
◆悪徳不動産屋の独り言
●Oh My God!360度ぱのらま
●阿佐ヶ谷ならアクロス
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Amazon













































Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0