2018年09月26日

三鷹から堅い内容築浅1Kから昨今賃貸相場を知る

今回はいつものretourレポートに登場する相場を離れるようなお部屋ではありません。
いかにも標準的な築浅物件から東京沿線近郊都市における相場感を学ぼうと、このような趣旨であります。
立地の関係から割と頻繁に登場する三鷹からです。

昭和であれば廉価な賃貸住宅を考える時「オンボロ学生アパート」と「新卒社会人」のお部屋はジャンルが完全に違っていましたが、(流石の東京の銭湯も随分廃業が進んでいることもあり)平成から今日にかけて”風呂付のお部屋を標準”に相場が形成されてきました。
※昭和に有力な存在であった「バラ釜浴室アパート」も今や希少な追炊き可能物件としてレアな存在になりつつあり、現行相場を考える上では例外タイプになるのかなと思います。

ザックリまとめちゃいますが
「理想言えば6万まで、標準的には7万以下かな」
こんなところでしょう。
徒歩距離など無視してゴリゴリに割安な例外事項を探せば”それは存在します”。存在しますがハイCP物件は何らかの賃貸スキルを必要とするので東京ベテラン向けな側面があって、地方の方が限られた時間で部屋探しをする状況に(しかも春のシーズンに集中しますから)、例外事項を含めて検討するのはギャンブルになってしまいます。
基準となる相場を理解しておくことは情報として損では無い筈です。

早速三鷹駅からスタートです
ykwakamint02.jpg

えーこっち側に降りまして
ykwakamint03.jpg

ちょいとした駅前飲食店街を抜け
ykwakamint04.jpg
(帰宅者の方多数歩いております)

さくら通りをファミマの交差点まで
ykwakamint05.jpg
わかりやすく行くとこのルートになります
絵のとおりで大規模な駐輪場がありますので、駅まで自転車もアリでしょう
※空き状況の確認は自己責任でお願いします

その分岐のポイントへ
ykwakamint06.jpg
さくら通りは規格歩道で整備されてはいるのですが、三鷹市苦肉の策で幅員が狭く歩きやすい印象は無いのです(そこで帰投は別ルート紹介しております)。

左側(東)へ曲がりまして
ykwakamint07.jpg
(商工会的には分岐継続していますがお店が並ぶ通りではありません)

バイパス道交差点を渡り
ykwakamint08.jpg

住宅街へ
ykwakamint10.jpg
この辺一帯が所謂下連雀高級戸建て住宅街となります
低層指定なので共同住宅もアパートがメインです

ykwakamint11.jpg
小学校のところまで歩けばほぼ到着
→続きを読む

posted by iwahara at 19:59 | Comment(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





LINK
◇『green』
◇pieni kauppa
◇Loule
◇aoydesign
◇RELIGARE・DADAcafe
◇a.flat エーフラット家具
: : SPECTATOR : :
◆悪徳不動産屋の独り言
●Oh My God!360度ぱのらま
●阿佐ヶ谷ならアクロス
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Amazon













































Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0