2008年11月02日

東京駅から八丁堀感じのいいマンションがあります(2)

この鐵砲洲稲荷神社も見事な建築で
tokyehti17.jpg

tokyehti18.jpg
中央区民文化財に指定されています

入口にはちょっと見難いと思いますが詳しくこの土地の歴史も記されていて
tokyehti19.jpg
公園と合わせて地域の環境を穏やかなものにしています。

運河沿いの街なのでここにも橋があります。
『南高橋』です、
tokyehti20.jpg
絵になる鋼橋なんですよこれが、
tokyehti22.jpg

tokyehti23.jpg

隅田川本流入口には「亀島側水門」があり、
こちらは現在工事中
tokyehti21.jpg
しばらく見ていると水鳥が飛んできて(ザギ系でしょうかね)
tokyehti24.jpg
見えますか(笑
画像中央付近の水門の上にとまっているんですが、、

物件からこの南高橋まで150mほどでして公園と合わせて気分転換にもなるし、
休みの日には散がてらに銀座まで歩けるし、
環境いいですよ八丁堀

さて、東京駅まで戻ります。
最寄の八丁堀駅を抜けて
tokyehti25.jpg

こちらは宝町歩道橋から南側
tokyehti26.jpg
北側
tokyehti27.jpg

銀座と言えばアートギャラリーですが、面白いお店を発見
tokyehti28.jpg
人形専門店なんだそうです。

そして再び明治屋京橋ビルへ
tokyehti29.jpg

さて、この明治屋京橋ビル「再開発の中大丈夫なんでしょうか」と心配される方はやはり地域にも多くこのような報道されています。
新ビルに保存京橋の明治屋ビル
京橋2丁目の再開発が進行するなかで周囲の注目を集めていた中央通りに建つ「明治屋」のビルの行方。この建物は震災後の昭和8年に竣工。
明治屋ビルの設計は曽彌達蔵。帝国大学の前身工部大学校造家学科の第1期生で日本初の建築家として知られる。宮城前の丸の内に西洋式のビルを多数設計した。
このため明治屋ビル保存の声はかねてから多く寄せられていた。この結果、再開発ビルに現状のまま保存していく方向で合意が得られた。再開発ビルでの旧建築物の保存は聖路加ビルの教会や三井記念館などで実証されている。
なお、明治屋ビルは竣工時に地下鉄銀座線も工事中で、日本で初めてビルと地下鉄駅を結んで評判をよんだ。
(中央区民新聞 2008/06/09)

残さなくちゃダメですよね、
しみじみ思うのでした。
posted by iwahara at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0