2010年10月16日

久我山(牟礼)から牧歌的な平屋

今回レポートの参考として去年の記事ですがこっちのレポートも参照ください。
 ↓
久我山から牟礼へ「テラスハウス」ですhttp://retour.seesaa.net/article/130836657.html
レポートに登場する神社が今回レポートでも登場します。
合わせて考えるとだいたいのロケーションも理解いただけるかと思います。

早速井の頭線久我山からスタートです、
kugayahira01.jpg
久我山と言えば恒例の絵ですが今回も
kugayahira02.jpg

通常東京都の都心近郊では最寄駅から10分超えると別の路線が10分以内になる感じで、おおよそ駅徒歩10分で切るのが普通なのですが、公共交通機関は放射状に整備されていますから郊外へ出れば駅徒歩14分とか10分以上の可能性が高くなります。
前段の参照レポートにもチラっと書きましたが、三鷹市で牟礼と言えば「バスで行く計画開発団地」なイメージもあるのですが、同じ牟礼でも”端っこ”は久我山徒歩圏となり、この微妙な差が利便性では大きな差になります。

今回紹介のお部屋は実徒歩で15分超えるので確かに遠いのですが、現実的選択で考えれば久我山駅直は商店街迂回ルートで自転車でしょうし(久我山駅は比較的駐輪場も整備されている駅です)、近隣4分にバス停(三鷹←→久我山)もあるので、トータルで考えればより『最寄駅久我山』の印象は強いですね。

特に今回の物件は牧歌的なファミリータイプとなるので駅徒歩は近ければいいというものでは無いでしょうし、渋谷アクセスや吉祥寺、更にバス便で中央線へのアクセスもありながらも緑の多い環境という欲張りな内容となっているのでは無いでしょうか。
(シングル向け住居であれば徒歩10分以内マストかも知れませんがそこはケースバイケースで考えるところ)
※レポートでは私普通に歩いて現地に向かっている事は言うまでもありません。

さて道を進みます、
kugayahira03.jpg
久我山から人見街道を10分も歩くと、既にのどかな風景となりまして、

kugayahira04.jpg
この橋から見た側道の先は(ずーっと歩くと)井之頭公園です。

kugayahira05.jpg
緑も一杯で、

ターニングポイントはここ
kugayahira10.jpg
『西牟礼御嶽神社』です、
(ここから4分で物件)

角を曲がって先に進みますと
kugayahira06.jpg
このような景色で、
確かにこれは三鷹市・井の頭系の雰囲気です。
(近隣に世田谷の区境があるんですが雰囲気はガラっと変わります)

間もなく物件に到着
kugayahira00_m.jpg
内容的には2DK・1LDK選択型、
サービスルームは”サンルーム”の位置づけ、
通常の玄関ホールから廊下って設計ならば余裕で40u越えるところですが、玄人好みの巧みな振り分け設計で39.70uで40u〜相当の実効床面積を確保しています。

物件概要
井の頭線久我山14分(三鷹←→久我山からバス便バス停から4分)、三鷹市牟礼1、築1967(H22フルリフォーム)、木造平屋39.70u2SDK、ダブルロック、シャッター雨戸、フローリング、ガスキッチン(2口可)、室内洗濯機置場、独立洗面、追焚き機能付き給湯器、暖房便座、ペット相談(10Kg以下の犬:+敷金1ヵ月退去時償却)、
フルリフォームは外観含む、
賃料11万円、礼敷1/1、

所謂一つの新築同様のフルリノベーションと言っていい内容で、この賃料ならコストパフォーマンスはかなり高いでしょう。
(ペット可がネコも可なら尚よかったかな〜な一面ありますが平屋ですと外ネコになってしまう心配があるのかも知れませんね)

さて物件外観ですが、今回建て替え新築では無くフルリフォームが選択されている要因のひとつなのですが、接道が私道と思われる位置にあるものですから、
直接外観をお伝えできずで、

このような絵の雰囲気の近隣になります
kugayahira07.jpg

加えて近隣情報をお伝えしますと、
テニスコートがあったり、
体育館があったり、
コンビニはちょっと遠かったり(徒歩5)、
野菜の直売所があったりと、このような感じで。

物件区画の先にある下本宿通りまで出ると三鷹市の「花と緑の広場」もあります。
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_press/019/019499.html
<三鷹広報では>
この広場は、道路事業に伴い閉鎖したゴルフ練習場の跡地を無償でお借りし、暫定整備したもので、季節に一斉に咲き誇る花畑やボランティアによる手作りの花壇など、緑とふれあいながら楽しむことができる広場となっており、市制施行60周年記念事業として開催する「花と緑のフェスティバル」におけるサブ会場として活用を図っていく予定です。

のどかな風景が広がってます
kugayahira08.jpg

kugayahira09.jpg

ちょっと残念なのは離接する世田谷区の北端は道路整備・区画整理などが十分では無いところなので(ここは世田谷区北部総じてそうなんですが)、乗用車を使う分には大丈夫なのでしょうけれど、散歩でお子さん連れて歩くには北烏山はちょっと歩きにくいかなと思います。
そんな関係もあって、今回のお部屋は『久我山最寄』に間違い無いのです。

買い物(スーパー)は久我山『サミット』は勿論ですが、北烏山方向に徒歩6分ぐらいで『さえき食品館』もありますから(やはり自転車あると便利かなと思いますが)、牧歌的雰囲気ながら駅徒歩込で渋谷まで30分前後というバランスはなかなかのものではないかと思いますよ。
posted by iwahara at 04:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0