2011年02月06日

都心物件に暮らす(渋谷徒歩)

山手線内側などのお部屋が全然普通に暮らせる賃料だったりするレポート多いですから、retour&Retour読者の方なら驚く話じゃないと思いますが、都心に暮らす的テーマで新宿徒歩圏のレポート続きましたから、今度は思い切りわかりやすく『渋谷徒歩』のマンションをレポートします。

渋谷と聞いてみなさんのイメージは通勤乗換の混雑だったり、東急方面の繁華街やオフィースの多い道玄坂や宮益坂などだったりするかも知れません。
この辺に住居っていえば「松濤とか神泉〜東大とか池尻、他だと代々木八幡の方ですか」となるのが一般的でもあるでしょう。
なかなか思いつかないのが(川沿いの)南側恵比寿方面”渋谷区東”です、今回はまさにそんな渋谷区東からのレポートです。
(最近はに町目的に渋谷区東だと『恵比寿徒歩で募集した方が相場的に有利』って部分もあるのかもしれませんね、)

みなさん見慣れていない風景の渋谷となるかもしれませんよ、
ここからスタートです。
sibinahigashi01.jpg
東横線東出口すぐの地下道入口(進む先が南側なら歩道橋より便利ですよ)

出てくるとこんな感じ
sibinahigashi02.jpg
渋谷の街を語る時にはこういう感じの絵の方がリアルな渋谷ではなかろうかと思ったりします。

ここから山手線沿いのルートで南下します、
sibinahigashi03.jpg
(東急圏神奈川まで広がる渋谷圏としてのサブカル地帯をよく表すダウンタウンな景色です)
この道は線路沿い真っ直ぐでは無くって中洲的ビル群を周回するように微妙に蛇行しておりまして、この辺はオフィース街です。
sibinahigashi04.jpg

東横線とサンドイッチされたエリア
sibinahigashi05.jpg

間もなく(あまり知られていなかもなんですが)『JR渋谷新南口』があります
sibinahigashi06.jpg

sibinahigashi07.jpg
利用者もこっち方面の人に限られているここの出口はちょっと得した感じありますね(笑

ココから先が又私鉄沿線郊外の住宅街的景色になりまして、
渋谷区東が決して繁華街ど真ん中的ロケーションでは無い事がわかります。
こちらはゴミ処理場施設、
sibinahigashi08.jpg
高井戸かと思いましたが(笑
言えば確かに高級住宅街では無いかもしれません。
ですけれど、郊外新興住宅街などではお馴染みのインフラ施設含めての街並みは見慣れた風景と申しましょうか、後段に出てくる都営バス施設の風景も又郊外住宅街ののんびりした絵となっておりまして、郊外の街に帰るような「帰った感」を心配されている方には”全く心配ありませんよ”と断言できます。
勿論港区に暮らす的なイメージでもありません、

sibinahigashi09.jpg

sibinahigashi10.jpg

間もなく物件に到着です
sibinahigashi00_m.jpg
22uの広さで3点ユニットなのがポイントこの平米数で3点の選択は正解でしょう居室は相当広々する筈です。帖数表示では無くて平米数の割合で見てください、築浅マンションで言うところの7帖8帖かもって可能性のある間取りです。

物件概要
JR渋谷8分(新南口7分)、JR恵比寿9分、渋谷区東2、築1980年、RC造6階建ての5階、22.00u1K(1R)、分譲賃貸、エアコン、照明、洋間タイルカーペット、ガスキッチン、室内洗濯機置場、ダブルロック、CATV、Bフレッツ、鍵交換契約時(18,900円)、保証会社要(賃料総額の50%タイプ:敷金2で保証人方式を選択可能)、
賃料7万5千円(共益費8000円)、礼敷2/1、

分譲賃貸でタイルカーペット、玄人の方なら「なるほどこれはアリ」とピーンとくる方いらっしゃるのではなかろうかと思います。水回りの配置からも投資向け分譲マンションに見られる所謂ミニマルコンパクトじゃありませんから「広々系の1Kだな」って事がわかります。

外観はこちら
sibinahigashi11.jpg
JR線路に近い事は間違いないので、電車の走行音がするのは事実でしょう。
ですが、想像以上に距離空いてますし普段の都会に特別アレルギーない人なら「暗騒音」として慣れてくる範囲かと思います(方位的にも線路の反対側だと思います)。
sibinahigashi12.jpg

近所の風景はこのような牧歌的なもので、
sibinahigashi13.jpg

sibinahigashi14.jpg
都営バスの施設だったり
大規模住宅は
sibinahigashi15.jpg
公営住宅です、

近所には他にも公共施設があって
sibinahigashi16.jpg
こちらはほとんど知名度無いかもですが「ふれあい植物センター」であります。

”ちいさんぽ”的絵の先は
sibinahigashi17.jpg

もう明治通りで
sibinahigashi18.jpg
買い物的にはライフが映っているの見えますよね。

近所に都営バスの施設があるからじゃなないでしょうが(笑
sibinahigashi19.jpg
バス便は猛烈なぐらい多数で、
通勤時間帯は山手線並みの運行となってますので、駅まで徒歩10分以内ですが近いからこそバス使うって選択もアリかも。
(電車通勤では無くて渋谷繁華街や道玄坂方向勤務勤務の方とかはバス通勤的に考えると便利かも)


徒歩5分ほどで
sibinahigashi20.jpg
この辺になればみなさんもご存知でしょうから説明必要ありませんね。

便利なロケーションですよね〜
どちらかと言えば東京ベテラン向きかもですが、コストパフォーマンス的にも全然アリな内容かと思いますよ。
posted by iwahara at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0