2011年03月18日

原宿のミニマルコンパクト

原宿と言いますか”この辺”で住宅街と言えば千駄ヶ谷の事となりますから最寄駅は地下鉄副都心線北参道駅となります。
千駄ヶ谷レポートはこれまで随分と行ってきましたが、今回はリアルにJR千駄ヶ谷駅からの徒歩より原宿徒歩の方が近い北参道最寄の物件となります。

レトロマンションに次いでretourレポートで推奨されてきた(推奨ってワケでも無いんですが、、)コンセプトに『ミニマルコンパクト』があります。
勿論都心部であるからこそ生きるコンセプトで、賃貸条件とのバランスで都心部での暮らしを合理的に判断した場合、トレードオフ的に郊外や都心近郊の一般的な賃貸物件に対抗可能な選択肢となり得るとして提案しているところです。
(都市との融合性の高さを利して喫茶の利用による”リビング・書斎の外部化”や通勤時間短縮など戦術的に考えた時のトータルバランス)
勿論『ミニマルコンパクト』単体にはモバイルPC的意味合いのプライバシー性やコンパクトな機動性という(荷物減量をポジティブに評価する)独立した価値意識があるのも事実です。

副都心線北参道駅からスタートです
kitasandouga01.jpg
こちらは代々木駅よりの1番出口(ちなみにここから代々木駅歩いても10分ほどです)

そしてこの界隈レポートする時に常に登場する駅前のサブウェイ
kitasandouga02.jpg

物件最寄の出口はココ原宿寄りスタバがある2番出口となります
kitasandouga03.jpg

ここから明治通りを千駄ヶ谷3丁目交差点まで行きまして、
kitasandouga04.jpg

”昭和のデザイナーズ事務所”など並ぶ道を進むと、
「千駄ヶ谷と言えばアパレル事務所やデザイン事務所」そのままの街並となりまして
kitasandouga05.jpg

まもなく今回のお部屋に到着です。
kitasandouga00m.jpg
浴槽無しのシャワールームタイプを選択した結果15uですがしっかり居室は6帖の広さを確保視しているまさにコンパクトな設計、
キッチンの位置関係など立派なストゥディオです。
所謂縦長ミニシステムキッチン系の1K的な1Rじゃありません、
なかなかの設計、ミニマルコンパクトらしい内容です。

物件概要
JR原宿6分、副都心線北参道6分、千代田線明治神宮前9分、渋谷区千駄ヶ谷2、築1980年、RC造4階建ての1階、15.00u(壁芯)1R、
浴槽無し(シャワールーム)、駐輪場、インターネット対応、ペット相談、ガスコンロ設置可、事務所使用可(賃料税込7万1400円)、24時間ゴミ出し可、洗濯機置場無し(コインランドリー約徒歩6分)、
屋根付駐車場空有月額42000円(敷金1ヶ月)
鍵交換費用15750円
賃料6万8000円、礼敷0/2

勿論内容は洗濯機置場無しなど(窓の外にも洗濯ものを干せる感じではありませんから置場無しは正解でしょう)ドラム式の洗濯乾燥機をビルドインする手もあるのですがドラム式は小型化が大変難しく機種はあるんですがコストパフォーマンス的にも難しいところなので、設備構成的にはザックリ洗濯機置場無しとする判断も正解に思います。

普通の人が見れば「これは事務所系ですね」となるんですが、
いえいえそれこそ素人判断なのです(笑
ガスコンロ設置可のレギュラーなキッチン設備がついているなど住居で活用できれば非常に高いコストパフォーマンスとなるのです。
(ペット相談ですが広さ的に室内飼いネコにはストレスになってしまうかなと思います)

日当たり重視であるとか眺望的内容は望めませんが、東京ベテラン向けの部屋としてとても内容がいいです。
洗濯機置場も考えようで→コンセプトがミニマルなんですから洗濯総量も多くならない筈で身近なものはホテル暮らし風にシャワールームでササッと洗ってシャワールーム内に干すこともできますし、本格的洗濯は月に2回〜3回程度近所の生協に買い出しに行くときに合わせてコインランドリーを使用すればほとんど不都合無いでしょう。
(ここもミニマルだからその時洗濯物の搬送重量もたいした量にならない)

先にネタバレしてますが事実そうなっております。
近所の生協(明治通りのJR千駄ヶ谷側)
kitasandouga12.jpg

裏がコインランドリー
kitasandouga13.jpg

明治通りに出ると
kitasandouga14.jpg
北参道駅のランドマークのひとつ第7宮廷マンション


■物件に戻って原宿ルートを進みましょう
kitasandouga06.jpg
物件外観は一般的なタイル張りの所謂マンションです。

物件から原宿方向に歩くと
kitasandouga07.jpg

kitasandouga08.jpg

kitasandouga09.jpg

アパレル系の街そのままで、
駅近くには東京デザイン専門学校
kitasandouga10.jpg

この先は原宿駅竹下口近くの交差点と、
kitasandouga11.jpg
ここまでいけば十分でしょう(笑
えーはい、原宿駅に到着となります。

物件概要的には原宿駅と北参道駅ほぼ同距離なのですが、街の流れ的には最寄は北参道ですね。実際原宿界隈に住んでいる人にとっては原宿の喧騒は決して歓迎って事にはなりませんから通勤で使うのはアリですが、普段帰り道は北参道から帰る方が数段落ち着くと思います。

この時期で内容だけに週明けまで空室である保証はちょっと難しいぐらいなので(そうそう無い内容ですから)、情報的に言えば似たキャラとして他無いだろうかと聞かれれば、賃料的にコストパフォーマンス高いので有名で、大規模なのでどこかしらの部屋は募集していたりする代表に『ライオンズマンション千駄ヶ谷第2』があります。
(もうちょっと賃料は高いですが:7.5〜8万)
20u以上でノーマルな1Rを探せば余裕で8万超える千駄ヶ谷でも可能性として「都心ならではのミニマルコンパクトはあり得ますよ」と、こういうレポートでした。

※こんな時だからとひとつ付け加えると、生活もモバイル並にコンパクトであればいざとなった時避難する場合にも有利なのです。タフなシングルライフ方法論のひとつであると思います。

posted by iwahara at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック
LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
幡ヶ谷(笹塚かな)〜中野富士見町間の女性向ハイCP・1R
 ⇒ ガーゴイル (12/15)
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
RDF Site Summary
RSS 2.0