2007年04月18日

野方に素晴らしい『平屋アパート』があります

私物件概要見た瞬間「これは見に行かないといけない」と瞬間思いました。
先ず図面資料見てください
noga2r01_m.jpg
注目なのは「東側」と「西側」二世帯での平屋というちょっと東西冷戦を思い出させるネーミングのちょっと見かけない間取り構成。つまり、元は平屋の一戸建てでああった事は明白で通常のアパート然としたものじゃありません。

物件概要は、
西武新宿線野方7分、中野区野方6、木造平屋一戸建て式アパート、ガス、湯沸し器、エアコン、シャワー付きバランス釜、お子さん一人まで相談、木造(推定築40年)、空室は東側33u2K・西側36u1DK
賃料東側7万2千円・西側7万3千円
管理会社:三建(TEL03-3330-7131)

さてそこで西武新宿線野方って街をさらっと、
noga2r03.jpg
こつらがお馴染みの駅前、野方は飲食込みだと駅南がメインの商店街で駅北は生活向けの商店街な棲み分けがあります。

物件はその北側北原商店街で
noga2r04.jpg
とても平和でのんびりした庶民の街です
noga2r05.jpg
世田谷方面との違いは「子供とお年寄りの多さ」です、この地域の年齢階層が標準的バランスである特徴になっています。
そもそもこの界隈(沼袋や野方)は中野区の北側文明地域で、西武新宿線的キャラよりその中野的印象の方が濃い場所です。JRにアクセスするなら高田馬場、大江戸なら中井乗り換えでアクセスできるので、以外や以外広い範囲にアクセス可能な上に庶民的な街しかも都心近郊という「白昼の死角」みたいなお勧め地域です。
そーなんです、賃料が非常に安いんです。

商店街の先を曲がり住宅街に向かいます
noga2r06.jpg
これこそ閑静な住宅街で、

そこにこちらが
noga2r02.jpg
「おーーーっ完璧一戸建てじゃないですか」
室内が又凄いんです、
先ず東側2Kから
noga2r09.jpg
メインの居室

収納側
noga2r10.jpg
なんて素敵なんでしょうか、この野方の地域と相まってまさに「文豪の部屋」みたいです。

裏庭(こちらの管理は家主さんです)
noga2r11.jpg

微妙にいい空間の4帖書斎
noga2r13.jpg

素敵なタイル張りの浴室
noga2r12.jpg

これだけでも凄いと、
思い出してください「賃料7万2千円ですよっ」
実はこの東側と西側の玄関の造りは、東側が「元勝手口」西側が「一戸建て当時の玄関」となります。流れ的には東が裏・西が表ってイメージです。

そんな表の西側のお部屋は

この浴室イメージが東側とのキャラの違いをよく表していて
noga2r14.jpg
西側のお部屋は『旅館風』の白を基調としたお部屋になります。
noga2r17.jpg
広い、、
西側のお部屋は東側と違い1DKになりますが、その分1個の居室が広いんです。
サンルームと合わせると10帖

こちらがサンルーム形式の縁側
noga2r15.jpg

造作にも観るべきものがあって、ここ採光用の窓がこのように
noga2r16.jpg

noga2r21.jpg

日本建築では、「ハイウインドウとひさしのバランスで角度のついた日差しを縁側に入れ、部屋は明るいが直射日光は障子で防ぐ」という巧みな設計なのですが(なので「日当たりのいい部屋」とは当たりがいいんであって直射日光で一杯を意味しない)、この部屋はまさにその典型
noga2r18.jpg

西側裏庭
noga2r20.jpg

キッチンも広々としたものです
noga2r19.jpg

管理会社三建の小川さんの話によると「あまりにも風通しがいいので夏はエアコン必要ないそうです」との事。そして、「家主さんからも必ず説明するように言われている事なので、ちょっと待っていただけます?」と小川さん。
何かと言うと、元一戸建て平屋を間仕切り部分を利用して二つに分けているので、居室部分の防音性が低い事を実際に確認させてくれます。
壁をコツコツノックした後「聞こえますかー、このぐらい音入ります」と、とても丁寧に教えてくれます。
「いえいえ、このキャラクターの場合全然問題無いでしょう」と、
馴染みが良くて風通しのいい和室アパートの場合、その開放系であるところが良さなので隣室の音が気になる感じの暮らしには合わないのです。
元々裏庭に出れば「いやどうも」って世間話になるぐらいの暮らしが似合います。

お部屋のキャラクターから言っても、『本格文系静かな方にお勧め』ですね〜
あまりにも賃料が安いので、予算のある人や元々ルームシェアで探している方なら「今なら西東ダブルで同時に借りれますっ」。

しっかりした瓦屋根に
noga2r07.jpg

玄関先の見事なお庭(こちらも家主さんが管理してくれます)
noga2r08.jpg
驚愕の物件です2007のベストかもしれません。
posted by iwahara at 19:11 | Comment(4) | TrackBack(1) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
良いよいいよ〜!
 この物件!
特に西側の部屋が良いね〜!
縁側に座っていると
近所のねこでも遊びに来そうですね?

 いつもながら 流石!
Posted by kaz4949 at 2007年04月19日 18:20
どうもです秋場さん。
いいですよねぇ、なかなか無いですよこれだけの内容、平屋が占有している上部空間なんていったらこれまたえらい範囲で最も贅沢な建築になりますしね。

私は個人的には東の部屋が好きなんです。
このなんとも言えない柱の色や、妙に落ち着く4帖のお部屋が特筆ものなんですよっ
Posted by iwahara at 2007年04月21日 01:24
和室、いかにも平屋的なテイストが好きな方にはたまらない物件ですね。
私が今住んでる物件も自慢したくなるくらい好条件な和室なのですが、これは軽く越されました。真剣に悩みます。
日向ぼっこしつつ読書したくなりそうですね。
Posted by むく鳥 at 2007年04月23日 04:00
ええretourの場合、実際レトロや和室系のニーズってかなり高いので私も随分と和室見る事多いんですが、やはり和室の場合木造が一番ですね。
それもフレーム構造の方が柱の感じもいいですからお勧めです。2×4の方が高性能なんですが(2×4は洋間が似合う)、トータルでの完成度はやはり通常タイプの木造ですよ。これまで木造和室でデザインのいいものと言うと私の経験では「田端の離れ平屋、阿佐ヶ谷一戸建平屋」等全て平屋なんです。二階建てのちょっと大型の一戸建てになるとどうしても一階部分のダイニングを欲張ってしまって、メインの和室が二回にあがってしまう傾向あります。
ですから6万〜10万ぐらいの平屋は是非押さえておきたいジャンルになりますね。和室はデザイナーズより趣として「お洒落な世界としての都会的内容も上」だと思います。
実際デザイン関係の方とか、本職の人がこのタイプ希望される事が多いので、本当の和室(日本は職人さんを芸術家と定義しない文化なので)は「最初からデザイナーズだった」事を確認させてもくれます。

ほんとに素晴らしいお部屋ですよ。
Posted by iwahara at 2007年04月23日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック

【新モスバーガー】のパティはどうだったのか?
Excerpt: 築地〜勝どき〜月島地区で一戸建てを3年ぐらい探しております。 ひさびさに情報が入
Weblog: 佃の旦那
Tracked: 2007-04-24 07:23



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0