2015年11月10日

池尻から優れもののアパート

田園都市線問い合わせがある時には「東京でも1位2位を争う通勤電車混雑がある点と、三茶中心の偏向相場(高すぎる)」などを必ず説明しておりますが、個人的見解ですが(接続の世田谷線も好きですが)賃貸物件を探す場合キャラ的に被る井の頭線の方が探しやすいと思います。
そんな田園都市線においても「池尻大橋は例外」であり「神泉・池尻・道玄坂地区」的に独立した地域として見ています(所謂京王新線地域と同じ見立てで→井の頭の駒場東大前もここに含まれます)。
同地域は渋谷駅まで徒歩圏エリアであり、隣接する代官山とも地域がクロースしているので”文化的にガチ渋谷系希望”の時には有力な推薦地域となります。
(※渋谷系を考えると、相場度外視すれば”千駄ヶ谷原宿表参道エリア””松涛から富ヶ谷代々木八幡エリア”番外編の”恵比寿”となるところですが、相場バランスや趣味性から”神泉・池尻・道玄坂地区”が一番バランス取れているかなと。)

前述のとおり立地的にターミナル駅との位置関係や幹線道路の配置が京王新線地区と”ほぼ同じ”であり、街の印象も似ています。
※結果的に今回レポートは「都市インフラ建築のデザイン画像」増えております(笑

神泉駅もホテル街で有名ですが(割と数多く過去レポートある筈です)、地元的には渋谷駅こ近いのに普通に暮らせる静かな街であって(神泉界隈地元から言えば「ホテル街は渋谷駅側の一部だけの話」)、流れ的にも池尻と合わせて代官山へ流れる道玄坂界隈の住宅街です。
さて、今回はそんな”神泉・池尻・道玄坂地区”から池尻大橋のアパートをレポートします。

■取材はJR渋谷駅から徒歩で向かいましょう
ikesikoa02.jpg
(普通に歩くと渋谷駅から池尻大橋駅は25分から30分です。お仕事の関係で「渋谷あたりからタクシー」な場合も少なく無い方にはかなり大きな要素になると思います。)

せっかくなのでちょこっとだけ商店街に入っていきますか、
ikesikoa03.jpg

そして道玄坂・246玉川通りへ
ikesikoa04.jpg

後はまっすぐ歩くだけで池尻です
ikesikoa05.jpg

ikesikoa06.jpg

246沿いのオフィース街も新宿副都心に匹敵する内容で、
ikesikoa07.jpg

渋谷駅から15分ほどでこの辺でしたかね、
ikesikoa08.jpg

ほどなく池尻の住宅街が見えてきます。
ikesikoa09.jpg

ここまでくると完全に池尻大橋の街に到着
ikesikoa10.jpg
(渋谷駅から徒歩20分ちょい)

いやはやこの辺の「都市インフラ建築のデザイン」が相当なものでありまして
ikesikoa11.jpg

ikesikoa12.jpg
昭和の近未来SFの背景画像に使えそうな迫力です

間もなく池尻大橋駅に到着
ikesikoa13.jpg
正確に徒歩時間計測していないのですが、うーん30分以内だろうって感触。

物件は駅近でありまして
ikesikoa14.jpg
学生さん多く歩くこの道をちょこっと入ったところです

お部屋はこちらの1DK
ikesikoa01.jpg
30uを超えるものではありませんが、木造APで3点ユニットの26.48uですから(同じ平米数だとMSより木造APの方が実測値が広い)マンション30平米あたりの広さ感と同等と思われます。
1階ですがテラスも広く広さ感的にかなり開放的なお部屋になっていると思われです(居室の体感上の広さは高層階より低層階のが広く感じる)。東京シングルな方に幅広く適合性高いお部屋かと思います。

【物件概要】
田園都市線池尻大橋3分、世田谷区池尻2、築S63、木造2階建ての1階、26.48u1DK
エアコン、フローリング、ガスコンロ設置可、角部屋3面採光、
賃料7万3千円、礼敷1/1

実にシンプルな物件概要ですが、そのまんまです。余裕の広さとハイCPな木造アパートです。
内容的にも間取り紹介に記載のとおり「マンション30平米あたりの広さ感と同等」と考える場合、田園都市線相場や近隣の代官山など考慮すると、大変強い競争力です。
物件画像は住宅密集地域でもあるので、
こちらの画像のどこかに映っています方式といたします。
ikesikoa15.jpg

ちょこっと遠回りですが、まず246へ戻ってみましょう。
ikesikoa16.jpg

「都市インフラ建築のデザイン」がダイナミックです
ikesikoa17.jpg

戻るルートは246の北側からとして
ikesikoa18.jpg

池尻大橋と渋谷の位置関係はこちら
ikesikoa19.jpg

「都市インフラ建築のデザイン」を見上げつつ〜の
ikesikoa20.jpg

ikesikoa21.jpg

池尻から代官山方位のマンション住宅街を望むと
ikesikoa22.jpg

ikesikoa23.jpg
コンクリートの歴史観と申しましょうか、いい感じな独特の都会的雰囲気があって、この辺は笹塚や初台とも微妙に違っています。

山手通りを超え
ikesikoa24.jpg

神泉町(旧山手通り)交差点へ到着
ikesikoa25.jpg

戻りは井の頭線神泉駅とします
神泉の住宅街は普通に落ち着いたダウンタウンな街であり
ikesikoa26.jpg

過去レポートでも紹介したことある食料品スーパー
ikesikoa27.jpg

飲食中心の商店街ものんびりしてまして
ikesikoa28.jpg
ファミリー向けの街ではありませんが、東京シングル・ベテランな渋谷系の方には、かなり暮らしやすい街ではなかろうかと思います。

神泉駅は街中に”唐突”に現れます(笑
ikesikoa29.jpg

物件から神泉駅は「うーん徒歩20分前後かな」となりまして(駒場東大前も似たような感じかなと思いますが確かかなりの坂道だった気もします)、暮らし慣れてくれば「田園都市一本の街では無いよね」となってくるのが池尻大橋だと思います。

posted by iwahara at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産な夕べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像中の文字を半角で入力してください。

(留意事項:当該ブログ記事は不動産をテーマとする住宅関連情報であり空室募集・広告ではありません。又、プライバシー保護上個別物件に対する質問・問い合わせ等は直接”メールフォーム”より送信ください。)


この記事へのトラックバック



LINK2

religare.gif

レンタルオフィス バーチャルオフィス 経理代行 起業家・企業家支援専門会社東京都渋谷区のアントレサポート

Comments
恒例の札幌特集「なんと同じ物件に」
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/31)
 ⇒ iwahara (01/31)
 ⇒ テオレマ (01/30)
札幌中央区の中古1Rマンションをお題に地方都市での投資を考える(1)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
レアな立地のシングルMS(秋葉原)
 ⇒ テオレマ (09/07)
 ⇒ iwahara (09/07)
 ⇒ テオレマ (09/06)
 ⇒ iwahara (09/06)
 ⇒ テオレマ (09/06)
地方都市の投資物件を考えてみる(2)
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
曙橋から大人向けミニマルコンパクト
 ⇒ iwahara (06/22)
 ⇒ テオレマ (06/20)
浅草界隈から超個性派の90u越えワンルーム
 ⇒ iwahara (12/18)
 ⇒ テオレマ (12/16)
 ⇒ iwahara (12/15)
 ⇒ テオレマ (12/14)
RDF Site Summary
RSS 2.0